学会とお麩

 5月28日、大正大学で行われた日本考古学協会総会に行ってまいりました。すれ違うだけできちんとしたご挨拶も出来なかったり、同じ会場にいてもお会い出来なかった方も多く、大変申し訳ございませんでした。
 また、わざわざ抜刷りを下さった皆様には、感謝申し上げます。
 私のように普段交流のない人間は、やはり一年に一度くらい、こういう空気を吸わないと駄目ですね。
 さて、その他書き出すと切りがないのですが、以下に2つだけ。

 午前中のセッション「パプアニューギニア民族誌研究から縄文土器型式の成立をさぐる」では、私の職場の手伝いや、謎のバーベキュー大会に来てくれる仲間(俗称:党員オリジンメンバー)のうちの3人が、発表をされました。

発表順に
IMGP5821.jpg
中門亮太さん

IMGP5823.jpg
平原信崇さん

IMGP5827.jpg
大網信良さん

 内容は非常に興味深く、このまま縄文時代の具体的な事例に対比できるような研究に発展することを期待しました。発表も分かりやすく、堂々とした立派なものだった思います。ちょっと目頭が熱くなりました。とくに、あのH君が…。
 また、「三次元計測と画像解析による海外文化財の記録とデジタル・アーカイブ」というポスター発表をされていた野口淳さんにも、就職したばかりで途方に暮れていた20年前、様々な面でお世話になったことを思い出します。
 こういう仲間(先輩)がいてくれるというのは、本当に有り難いことです。改めて、御礼申し上げます。

 それと、毎年本売り場で頑張っている同級生(正確にはちょっと違うけど)の安中哲徳さん、なぜか妻へのお土産、ありがとう。喜んでたよ。

IMG_0711.jpg


 そしてその日の夜は、学生さんたちの合コン意見交換会に混ぜて頂き、楽しい時間を過ごしました。
 その様子や、私の伝えたかった思いなどは、土偶女子こと譽田亜紀子さんが非常に上手くまとめてくれていますので、私が書く必要もなさそうです。ぜひ多くの方に読んで頂きたく思います。

若き考古学徒たちとの時間は

 ただし、合コン意見交換会における反省と懺悔、さらには次の野望については、また別に詳しく書きます。Do井君、反省文提出だぞ!

緑のしずく

 昼下がり、ベランダから外を見ると、樹々の新芽がキラキラと輝いていました。キラキラと言えば、私にとっては、玉ボケのチャンス!
 というわけで、オールドレンズ「SMC PENTAX 50mm F1.4」で撮影。F値開放で、見事に玉ボケ発生!

IMGP6104.jpg

↑ブログに載せる関係で多少画質は落ちていますが、クリックして見て下さいね。

 さて、明日は東京。皆様、よしなに。

私は詩人、妻は私人、

雨の朝

IMGP5818_20170526072739ace.jpg
花壇の下に眠るモルモット達に、大好きだったスギナとタンポポをプレゼント。

IMGP5819.jpg
今年は咲いたライラック。雨に濡れて、少し下を向いています。


人生なんて、このくらい静かでいいのにね。

母の日と猫

 奥さん、母の日は先週でしたか?

 さて、母と言えば、わが家で一時預かりしていた母猫と4匹の子猫。もともと居た環境が良くなかったため、色んな虫や病気を持っていました。そのせいかどうかは分かりませんが、それまで順調に育っていた子猫の体調が悪化。医者にも連れていきましたが、共働きの私たちでは充分な面倒をみてあげられないと判断。相談の上、本来行くはずであった保護団体のもとにお返しすることとなりました。突然の別れに淋しさはありましたが。

IMG_0565.jpg

IMG_0569.jpg

 幸い、その後は体調も戻り、5匹全員元気だそうです。よかった、よかった。
(写真はわが家に居た時のもの)


IMG_0530.jpg
 母猫、頑張りました。あとうちの妻も、相当頑張りました。どちらも褒めてやって下さい。母は、強い。

 で、今度の週末は、私も実母の顔を見に行きましょうかね。

覚えていることが、最重要課題である!

本日は、妻(私人)の4●回目の生誕記念日であります。
常日頃から、だらしない夫の世話をし、犬猫の世話をし、
おまけに現在は、預かり猫の世話に頑張る妻ですが、
それでも仕事をこなし、図書館の勉強をして、なんちゃら会のなんちゃらという役も受けようというその姿勢に、
私は、ただただ頭が下がる思いです。

だから妻よ、プレゼントは、また今度な(意味不明)。

IMG_0577.jpg

IMG_0585.jpg

写真は、彼女の愛する子ども達と、プラモを愛するあまり思わず自分が写り込んでしまっただらしのない夫(44歳)。

考古学的なお知らせ4つ

まさかの考古学ネタ連打!

講演会「美の考古学-古代人は何に魅せられてきたか」
講師:松木武彦先生 国立歴史民俗博物館教授
日時:2017年6月3日(土) 14:00~15:30  
場所:浅間縄文ミュージアム あつもりホール 【聴講無料】
佐久考古学会共催です。ぜひお越し下さい!
企画展「企画展 ”縄文の技と美」も開催中ですよ!

「栃原岩陰遺跡フェスティバル2017 日本の洞窟遺跡と世界の洞窟遺跡」
日時:10月21日(土)・11月3日(金)
場所:北相木村考古博物館・中央公民会
職場の話題で恐縮ですが、素晴らしい先生方をお招きしています。
詳しくは、こちら北相木村考古博物館ブログをご覧下さい。

拙書『信州の縄文時代が実はすごかったという本』日本考古学協会総会で販売
日時:5月28日(日)
場所:大正大学西巣鴨キャンパス
恥ずかしながら、販売致します。先着50名限定(笑)、図書交換会会場で!
(私は居るかどうか分かりませんが…)

『さらにわかった!縄文人の植物利用』工藤雄一郎/国立歴史民俗博物館編 新泉社
ようやくGET!(Sさん、ありがとうございました)
パラパラとめくりましたが、皆さん、 必読です!
ただなんでしょう、もうすご過ぎて、
「自分なんか、もうやることないんじゃね?」という、やり場のない気持が…。


まぁそれでも、続けるんでしょうけどね。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【仮称八ヶ岳縄文文化研究会 第0回勉強会開催のお知らせ】

すでに最初の開催予定から半年過ぎましたが、
「仮称八ヶ岳縄文文化研究会」
最初の勉強会を以下の通り開催します。

日 時  7月2日(日)13:30〜16:00頃まで
場 所  小海町北牧楽集館
     http://www.koumi-town.jp/office/archives/kouminews/post-299.html
テーマ  八ヶ岳周辺の縄文前期後半(主に諸磯式期の様相)
     今後の会の運営について
見 学  北牧楽集館展示と小海町考古資料の見学(前期後半中原遺跡を中心に)
参加費  お茶お菓子代、コピー代等、1000円程度(予定)
その他  事前に人数を把握したいので、参加希望の方は、
     必ず藤森宛にメールを下さい(下記アドレス)。
     また公共交通機関を利用される方は、その旨もお書き下さい。
     aeg4s@me.com

 未だ仮称ですし、色々見切り発車ですので、第0回で。なんとなくテーマに関する材料をそれぞれ持ち込み、お茶かコーヒーでも飲みながら、ワイワイ出来ればと思っております。
 八ヶ岳縄文文化と言いながら、茅野でも富士見でもなく、いきなりの八ヶ岳東麓で、しかも前期というあたりがミソと言えばミソだし、逃げと言えば逃げ(笑)。次回がもしあれば、直球勝負に出るかもしれませんが、とりあえず、こんな感じです。
 普段あまり目立つことのない、小海町中原遺跡の諸磯期の土器石器の見学を餌にして、参加希望、お待ちしております。

仮称縄文文化研究会
事務局 藤森英二

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

粘土購入!

久しぶりに、石粉粘土購入!(ついでにシャチのオモチャ購入!)
モロイソ星人一気に片付けて、マンモスだの縄文人だの、粘土造形本格再開だぜ!(という目処がようやく立ちました。あはは)

IMG_0461.jpg

だがしかし、今日から消防星人だとは…。

おそい桜

映画「人生フルーツ」を観ました。とてもいい映画でした。

というわけで?、標高1300mのわが家地方は桜満開です。例年より遅いようで、タラの芽もようやくですよ。

IMGP5774.jpg

IMGP5771.jpg



しかし、桜の花びらの舞い散る中、我が娘は、

IMGP5776.jpg
「風が強いから、もう帰りたいの」

はい、従うしかありませんな。GWも終わりだし、大好きなお家に帰ろう。

猫、6倍!

 桜満開のわが家付近は、もう家の側までキャンプとBBQを楽しむ皆さんで埋まっております。箱入り娘のブランカは、お散歩嫌がるほど(笑)。皆さん、楽しんで行って下さいね。
 さて、そんな喧噪をよそに、実はわが家には現在、愛猫イコロの他に、猫が1、2、3、4、5匹居ます。全部で6匹!

IMG_0363.jpg

IMG_0415.jpg

 詳しい話は省きますが、まぁかわいそうな境遇の猫を、知り合いを通じて妻が預かったということですね。お母さん猫と、小さな小さな4匹の子猫です。これでもう、一時預かりの猫、12匹目だぜ、どんだけ徳積むんだよ!
 といいつつ、今回もまた、私は見守るのみ。妻が頑張っております。母猫も、妻も偉い。無事、優しい里親さんが見つかりますように。

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示