粘土でみる夢

 うぉーん、日焼けで顔が痛い。さて、今日は絶大に疲れたので、ぼんやりした脳みそで、つらつらと。
 
 そうそう、最近このブログを読み始めた方は、既にご存じないようですが、実はここ、私が石粉粘土で作った恐竜なんかを自慢した(笑)、「A.E.G自然史博物館」という個人のホームページから派生したものなんですよ。それが今では、宇宙人とか、寝癖とか…ふぅ。

 思えばもう、30年近く、この石粉粘土で遊びながら、色々な夢を見てきました。

「恐竜の模型を作りながら、世界中のを博物館を旅したい」なんて夢見た少年ボーイの時代。さすがにその後、それは無理だと悟りましたが、それを実現しちゃった友達もいますね。すげーなぁー、あの人。
 恐竜以外でも、野生に憧れて様々な動物を作ったり、誰かの心を癒そうと亡くなったペットを作ったりもしました。しかし結局、今の若い方の造形や、質もよくしかも安価な市販品には、とても太刀打ち出来ません。
 その後、せっかく考古学やってるんだから縄文人でも作ってみるかと、数体作ってみました。少し人間臭いストーリーを妄想しつつ、考古学的にもそれっぽく、を目指して。しかし、人間の姿を捉えるには到底至らず。色々な意味で、逆に挫折を味あう結果に。
 いずれにしても、どれも中途半端なまま、現実に流され、時間に追われ、最後に粘土に触ったのは、もういつだったか。3Dプリンタの時代も目の前にある今日、どの道どうしようもないか、とも思いますしね。

IMGP3022.jpg

 ただそれでも、今の仕事が一段落付いて、深呼吸出来たら、また作ってみようかなと考えています。結局手を動かすのが好きなのと、今なら昔のように変な野望もなく、自然体で作れるかなぁ、とも。
 作りかけたマンモンもそうですが、かたちにしたい情景が、いくつかあります。ウソとホントと、学問と想像を織込んで、粘土細工、またしてみようと思います。

 さてそのためには、今抱えてる仕事を終わらせないといけませんね。明日も早起き考古学、頑張ってみましょう。
(と書きつつも、明日は起きる自信がないなぁ。消防星人、恐るべしだぜ…)

私は、四十肩ではない!さらば、地球!

IMGP4973.jpg

 昨日から、首と肩が痛いです、後ろ向けません。今もし悪い宇宙人に後ろから襲われたら、なす術もありません。気を付けます。あ、週末は土日とも消防星人とか…。
 さて、色々忙しいのは相変わらずで、迫り来る8月を生き延びる自信がありませんが、その前に給湯器の修理だの庭の木の伐採だので、お財布の中身も生き残ることが困難な状況です。

 さらば、青く輝く地球よ・・・。

シンポジウム「縄文文化の繁栄と衰退」のお知らせ

主催者の方より、情報拡散をとのことで、お知らせいたします。

チラシ

興味深い内容ですね!私も行けたらいいのですが…。

君は、標高1300mの冷水を浴びたか?

 奥さん大変です!わが家のガス給湯器が壊れました。もう型も古く、交換になるそうです。数日、わが家はお湯が出ません。ガビーン。
 だがしかし、今日は半日庭仕事をしたりで、ちょっと身体洗わずにはいられなかったんですね。歩いて行ける温泉もありますが、休日で混んでるし、さてどうするか?
 
 ここで出ましたよ、わが妻の男前っぷり。
「私、水のシャワー浴びるわ」
 マジですか?ここ標高1300mですよ、水道水マジ冷たいですやん。しかしそんなことは百も承知とばかり、妻は雄々しくお風呂場に消えました。
 そして数分後、妻は奇妙な笑顔で出てきました。
「いやぁ、笑った。あなたも浴びてきなさいよ」
 笑う?一体何を言ってるのか理解出来ないまま、私も意を決して冷水シャワーを浴びました。すると、妻の言うことが理解できたのです。冷たいシャワーを頭にかけた瞬間、出たのは、笑い声!
「あひゃひゃひゃひゃ」ってなるんですよ、奥さん!
どうやら人間、冷水をかぶると、笑うように出来てるんですね。これは発見です。

IMGP4147.jpg

 まぁとにかく、なんだかよく解らないダメージを受けた馬鹿夫婦は、私のお土産の善哉を食べ、一息付きました。しかし、ここで、気付いたのです。
「あ、うち、風呂釜の湯沸かし、別系統じゃん」
そうなんです奥さん! 考えてみれば、お風呂のお湯は、別の機械で湧かすんですよね。普通に温かいお風呂に入れたんですよね。 もうなんて馬鹿!

 こうして、原稿もろくに進まないまま、私はさらにダメージを蓄積し、修理代に頭を悩ますのでした。トホホホホ…。

【宣伝 栃原岩陰遺跡関連】

普段あまり職場の話題は上げませんが、すみません、宣伝を兼ねて。

現在、貝のアクセサリーを模索しつつ、
→こちら「貝殻のアクセサリー作り(試作中)」

釣りをしたり、
→こちら「縄文式釣針を使ったマス釣り体験開催のお知らせ!」

さらに、こんなイベントを開催予定です。
→こちら「栃原岩陰遺跡フェスティバル2016」開催予告!」

それぞれ、よろしくお願い致します。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

結党2周年! 今年は、女子が来るのか!?

 某SNSによると、それは2年前の今日、ん?昨日?まぁどうでもいいか。とにかくちょうど今頃、馬鹿たちは某小海町の小さなコテージに集まり、誓いを立てたらしい。

10570440.jpg

 そして奇しくも今日、私は自称幹事長のIDE氏にそそのかされて、15人は泊まれる巨大な貸別荘を予約してしまった。これで蓋を開けたら来るの4人とかでみろ、大赤字だぞ、どうしてくれるんだ!だいたい、ホントに女子もくるんだろうな?

 とにかく、意地でも10人集めるぞ。 無理ぽ…。

霧の朝、さよならヤッケ。

 霧と、しとしと降る雨の朝です。

 先日、仕事で(ん?仕事?仕事だよな?)、某車山山頂に行きましたが、何といいましょうか、そこは暴風雨。びしょ濡れになって撤退しました。トホホホホ。

 そしてその時、「これはもう駄目だな」となったのが、愛用のヤッケ。まぁ高級な雨合羽ですかね。雨の中に身をさらしてよく分かりましたが、防水は効かないし、フードを出したら縫い目のシームテープも外れておりました。

IMGP4141.jpg

 このヤッケを買ったのは、実は私が高校1年生だった頃。何年前だ…。当時、まだ目新しかった(多分)ゴアテックス素材で、ちょっとした高級品でした。山岳部に入部した私には必需品でしたので、両親に援助してもらって買いましたが、嬉しかったですねぇ。
 高校卒業後、本格的な山登りはほとんどしませんでしたが、発掘調査や踏査には、このヤッケを必ず持って行きました。だからもう、戦友というかなんというか。

 でももうそろそろ、新しいのを買う時期でしょうかね。ありがとう、お疲れ様。


 さらば、私の中の少年。44歳にして、遅っ!

考古学

 どうもこのブログも、考古学界隈の方々に捕捉されてしまっているようで、戦々恐々。せめて頂いた本の紹介くらいはしたいのですが、なかなかきちんと読む時間が取れません。

IMGP4121.jpg

 最近、「考古学」について色々と考えます。この2冊で、頭を整理したいと思います。


AEG44はひっそりと

 おかげさまで、今年も無事誕生日を迎えることが出来ました。おめでとう、ありがとう。

IMGP02210.jpg

 そしてシャイな奥様方&お嬢さん方、ひっそりとお祝いのメール、メッセージ等頂きまして、ありがとうございます。本当に嬉しいですよ♡
 ただ出来れば、そういうものこそ、某SNS等に堂々と書き込んで頂き、
「あれ、フジモリって、人気あんじゃね?」というように世論を持っていって欲しかったですね。ただでさえ、近頃は急速に求心力が衰えているわけでございますから、やはり政治というのはですね、如何に世論を動かすかでありまして・・・以下略。イカだけに。イカじゃないけど。

 さてそんなことはともかく、こうして皆様方のおかげで、押しも押されもせぬ44歳を迎えることができました。これからも、いろんな宇宙人に打ちのめされながらも、くじけることなく、
ひっそりと、ひっそりと生きていこうと思います。

 今後とも、当ブログをよろしくお願い致します。

 え?写真が8年前?

結婚式とTシャツと私

 どうも奥さん。某役場で「婚姻届を下さい」と言ったら、離婚届を出されたことのあるフジモリです(実話)。

 実は先日、なんだかんだと十数年の付き合いになる友人の結婚式に出ました。
 はじめて彼に会ったのは、2003年(だそうです)。私の作った「超薄っぺらい報告書」からある土器を見つけて、わざわざ勤め先まで見に来てくれたのが最初でした。まだその頃彼は、いたいけな学生?院生?
 その後、出身が近いというだけで、なんだかんだと呼んだり呼ばれたり。彼のおかげで仲間も増えました。いや、今の私の友人の半分は、彼が関係してるんじゃないかな?
 彼はその後ぐんぐん出世し、今では考古学天上界に住む1人。素敵な奥さんまでもらってさ。でもこれからも、お友達でいて下さいね。

IMG_8109.jpg
門外不出のマスコットらしいですが、いいのかしら?


ただですね、一応年長者として言っておくと、
歳上の人がアルコールにやられてヤバい時はもっと心配した方がいいし、
小学生のような替え歌は止めた方がいいし、
車は乗らないとバッテリーあがるのとか理解して欲しいし、
BBQで異様な量の焼き肉のタレ置いて帰るのとか、
遺跡調査のアルバムとか言いつつちょこちょこ彼女(奥さん)の写真をはさんでくるのとかはどうかと思うし、
人に向かって「着地点を探してから話して下さい!」とか「あなたの作戦はバレバレなんですよ!」とか、
人が道に迷った時に「あなたは何のためにiPhone持ってるんですか?見損ないましたよ!」とか言うの、
そういうのは、止めましょう。


 ところで彼らが式場に選んだ場所は、奇しくも私たちが16だか17年前に式を挙げたのと同じ東京某所の神宮でした。周囲に「藤森さんもこんな感じでしたか?」と聞かれるも、うーん、全然思い出せない。覚えているのは、途中大雨が降ったことと、式の後に「両家対抗カラオケ歌合戦」が開かれたことくらいという…。

 いや、そんなことはともかく、二次会?三次会?も含め、楽しい時間でしたね。私は末っ子ですが、なんだか弟が結婚したような感覚と言いましょうか、よく分かりませんが、とにかく嬉しかったです。

 さて楽しい時間はあっという間に過ぎ、私は終電のがして、この新婚夫婦とタクシー相乗りして埼玉の実家に帰りましたとさ。 え?ダメ?
 だって、何を隠そうこの夫婦こそ、あのTシャツを作った張本人であり、式の後もわざわざそれ着て飲み屋に現れるという、もう恐ろしい程のフジモリ愛に溢れる2人ですから、そのくらいは許されませんか? え?ダメですか奥さん?
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示