雨氷

 先週、この季節にしては気温が高く、雨。翌日には、濡れた木々が凍り付く、雨氷と呼ばれる現象が起きました。

IMGP3278.jpg
 白く見えるのは全て、凍った枝に雪が乗った状態です。

IMGP4273.jpg
 要するに、こういうことです。

IMG_7459.jpg
 まるで、お姉さんが全てを凍らせるあの映画のようで美しいのですが、本来真っすぐに生えている木が、氷の重みで完全に横向き、というより下向きにになってしまっています。

 これによって、大きな枝や幹もへし折られ、長野県内でも孤立する地域や停電が発生しました。現にわが家も、今朝危うく通行止めに! 危ない危ない。

 そうそう、2010年には、実際に孤立しましたね

 早く解けとくれるといいのですが…。

土器は、猫の仕業!

IMG_7448.jpg

 夜な夜な、諸磯式土器と格闘! ああでもないこうでもないしながら、土器の図版を作っています。
 「もう最近、考古学とか土器とか埴輪とか(いや埴輪はない)の話ばっかりで、つ・ま・ら・な・い〜」というそこの奥さん、どうもすみません。私だって、粘土とかカメラとかプラモとかで遊びたいんですよぅ。

 そしてさらに、土曜日のお勉強会に備え、先日提出した自分の原稿を読み返さないといけません。中身はもちろん諸磯式土器! よ、読みたくない…。

IMG_7454.jpg
うん、今日はイコロが邪魔するので、仕方ない諦めましょう。猫のせいです、猫の。

 ていうかこの人、よく考えると、この諸磯式土器の遺跡を発掘している帰り道で出会ったんでしたね(こことか こことか 参照)。


 ようするにあれか、全部、猫の仕業か!

カラス

カラス

IMGP3213.jpg

IMGP4250.jpg

なにかと忌み嫌われることの多いカラスですが、私は好きですよ。
あ、すみません、ただそれだけなんですけどね。

それにしても寒い。今朝は氷点下20℃を超えていたようです。

諸磯の原稿提出して諸磯の図版作り!

 ふごわぁ〜! ようやく、ようやく、「縄文セミナー」の原稿を金曜日に提出。いやぁ、めちゃくちゃ疲れました。
 ただ、これで一安心というわけにはいかず、この後当日の発表、討論まで気は抜けないのです。会の求めるレベルには到底及んでおらず、当日もフルボッコにあい、
「おらぁ、もう二度と考古学なんてやらねぇ…」
という状態になるかもしれません。確かに、自分自身の勉強にはなりましたが、これまででも最強クラスのしんどさですね。

 でもまぁ、一旦は諸磯式土器の原稿から解放されて、隣村の報告書に載せる諸磯式土器の図版作っていますってなんじゃそれ!
どこまでもモロイソの呪いか!
 しかし、時間には追われていますが、こっちの作業は楽しい。そして、この図版がセミナー当日の追加資料にもなるという、精神衛生上もいい感じの時間です。

IMG_7431.jpg
整理作業中の南相木村大師遺跡の土器。結構エグいの出てますぜ奥さん!

IMG_7429.jpg
作業はこんな感じです。今時、手作業(笑)


 あ、セミナー、セミナーって言ってますが、一応以下にお知らせしておきます。興味のない方のみ、どうぞ(笑)


第 29 回縄文セミナー
「縄文時代前期後半の型式間交渉の諸問題」開催のご案内


 第 29 回縄文セミナーは、関東・信・越・飛騨地域の縄文前期後半期の土器型式間交渉について展望してみたいと思います。
 縄文セミナーの会では、前期後半について幾度となく取り上げてきたところであり、土器編年を積み上げてきました。今回は、諸磯式土器と他地域の土器との交渉関係を通して、地域の土器型式について検討したいと思います。

開催日時 平成28年2月6日(土)受付 12 時 1時開始
          2月7日(日)終了3時 予定
発表者 第一日(2月6日)
  早坂広人       「“諸磯式” 120 年史」             
  関根愼二       「群馬県における諸磯式と異型式土器の様相」
  髙橋清文       「浮島式の型式間交渉」         
  藤森英二       「縄文前期後半期における長野県各地域の土器の様相」
  大石崇史       「縄文前期後半期における岐阜飛騨地域の土器様相」 
    第二日(2月7日)
  町田賢一       「小竹貝塚から見た蜆ヶ森土器!!」
  寺﨑裕助       「刈羽式の型式間交渉」
司会者  鈴木徳雄・綿田弘実
会場 「去来荘」 群馬県利根郡みなかみ町湯原684 電話  0278-72-6311
交通 JR水上駅より徒歩15分 水上温泉街
   上越新幹線 上毛高原駅よりバス水上駅行き水上駅下車徒歩 15 分
会費 14,500円 宿泊費、懇親会費込。2日目昼食代500円・資料代別途
   当セミナーは、宿泊・懇親会参加を原則としますが、日帰り、宿泊を別にする方
   は、会場代を戴きます。会場代1日につき1,000円です。
   申込方法 参加希望者は、別紙書式にて下記宛封書、またはEメールで申し込ん
   申込締切 平成 28 年2月1日。
   申込・問い合わせ先 縄文セミナーの会  jomonseminar@yahoo.co.jp

ここにも諸磯星人が!

 某月某日(今日)、故あって某町の発掘調査に参加。記録では、過去に縄文時代前期の諸磯式土器が拾われた場所とか。またもやモロイソ、まさに呪い!
 で、あら、ここって、谷挟んで、わが家じゃん、窓から見える場所じゃん!こ、こんな側にやつらが…。

IMG_7384.jpg
 でもまぁ、八ヶ岳を臨む、いい場所ですよ奥さん。

IMG_7379.jpg
 そして、結局何も出ず、調査修了。しかし暖冬ですね、土がほとんど凍っていませんでした。

 さて今宵も、諸磯土器との戦いが始まります。

  寝たい…。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

フォースは、机の上にもある。 フチ子も。

 みなさん、諸磯土器してますか? してませんよね知ってます。
 さて、そんなモロイソの暗黒卿に追われる毎日ですが、世の中は捨てたもんじゃありませんよ。ここ数週間の間に、なぜか周囲から、フォースに包まれた贈物が沢山届きました!並べてみると、机の上からミディクロリアンが溢れ出そうです。みんな、ありがとう!

IMG_7374.jpg

 さぁ今夜こそ、ダース・モロイソと最後の決戦です!

 では奥さん、フチ子のともにあらんことを…。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

初夢は土器じゃない!

 奥さん、初夢は見ましたか?どんな夢ですか? そんな、奥さんたら…。
 あ、実は私も見たんですよ。しかも大晦日と元旦の夜、ともに同じような夢を。なんと、TVスターになる夢ですよ!2回もですよ!!
 
 これはもう正夢か、どんなかたちでデビューするかと考えていたら、某『ブラタモリ』にW崎先輩がご出演!素晴らしい!
 あ、でも俺じゃないのか。で、でも2回見てますからね、と思ってたら、某『歴史秘話ヒストリア』にはK田先輩がご出演!素晴らしい!
 あ、でもやっぱり俺じゃないのかって、そりゃそうか。

 こうして、儚い夢は消え、私は現実の締切へと引き戻されるのでした。
 
IMG_7371.jpg

 やっぱり土器地獄…。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プラモしてません。土器してます。

 年賀状に「ガンダムを裏切り、スターウォーズに夢中のやつとは絶好だ!」(やや誇張)と書いてきた、ガンプラ仲間のH久保君、ごめん、本当にガンダム忘れたんだ。MSM-08ってゾゴックだっけ?

IMG_7348_2016010923194541b.jpg

 さてそんな中、先日届いたプラモとは、当然これです。バンダイ製、1/12スケールのR2-D2 & BB-8のキット。箱を開けてみると、これがまた、特に白の成型色がピカピカで、一見すると金属に見えるほど。これもう下手に塗装するよりきれいなんじゃね?あーでもシルバーの部分がね、やっぱりいかにもプラスチックっぽいんですよねぇ。
 まぁプラモデルなんですから、塗装して仕上げるのが当たり前なんですけど、塗装すると遊べないしなぁ、机の上でコロコロ遊ぶには塗装しなくてもいいかなぁ、などと悩んでいると、どこからか声が…

「もう1セット買って、遊ぶ用と飾る用にすればいかが?」

そうか、その手があったかって、バンダイ、お前がシスか!


 あ、明日は消防星人です。

モロイソの呪いか? お熱かよ!

IMG_7336.jpg
 年末年始のわが家の様子。隣村の報告書に使う諸磯式土器の図版製作。こういう作業は楽しいですよ。
 
IMG_7347.jpg
 そして、今夜も、モ・ロ・イ・ソ♡ セミナー発表資料に載せる土器を選んでおります。ここは頭を使うところです。

 とまぁ例によって「忙しい自慢」でありますが、実は昨日、朝から急な発熱で、まる一日、何も出来ずに過ごしておりました。公私ともに締切満載なこの時期に、何やってんだオレは…。
「きっと、神様が休めと言ってるのよ」と言うそこの奥さん、そんな神なら余計なお世話ですよ!

 まぁとにかく、失われた時間を取り戻すため、届いたプラモも封印です。さて、そのプラモとは? 続く。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

諸磯星人は、iPadで倒す!

 いやいや、冗談ではなく、本当に土器の図版を作りながら新年を迎えるという、覚醒せぬまま諸磯星人にやられっぱなしの年末年始でありました。残された明日も、一日戦いだお!


 そんなヒドい夫の傍らで、掃除したりお料理したり、妻には頭が上がりません。感謝の気持は、
漢らしくiPad Proをスパーンと買うことで示したいと思います。



 なお、車で片道3時間、実家には顔を出してきましたが、私たちが届けた猫は遊んでくれず。ま、みんな元気だから、いいんですけどね。

 

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示