翡翠は姫に頂きました・・・笑う縄文人その8

 雨の休日。犬のお散歩にも行けやしない。ということで、色々進めます。そもそも飽きっぽい性格なので、一つのことを何時間も続けるのは苦手で、2つくらいの作業を交互に行う方が、かえって効率がいいのです。あ、でも事務仕事はダメ、絶対。一つでも超危険。
 まぁ幸い休日ですから、事務仕事はなしで、原稿書いたり粘土で遊んだり出来ますね。

 で、粘土の方がこちら。笑う縄文人、結構進みましたね(自己満足)。

IMGP1006.jpg
 全体像。大体、こんな感じ。あら、顔にピント来てなくてすみません。

IMGP1008.jpg
 その顔。ここは、もう少し手を加えないと。

IMG_4720.jpg
 首からは、翡翠の大珠を下げています。これは奴奈川姫のご先祖様に頂いたとか(うそ)。
 この模型の舞台となる縄文時代中期の長野県では、あまり派手な装身具は見つかっていません。ですが、大きなヒスイの加工品は出土していますので、それを再現しようと思っています。

IMGP1012.jpg
 ウリ坊たちも、ブヒブヒ走ります。

 さて次は、原稿書きと遺物の整理作業をしましょうね。ブヒブヒ。


↓本当に、間に合うのでしょうか?
-------------------------------
この作品は、8月9、10日に開催される「博物ふぇすてぃばる」に出品予定です。
ブース番号05、出展名「土偶/縄文ミュージアム」にて、よろしくお願いします。

堤隆博士 日本旧石器学会賞、受賞おめでとうございます!

 浅間縄文ミュージアム学芸員にして、日本を代表する旧石器考古学者である八ヶ岳氏こと堤隆さんが、栄えある第一回の日本旧石器学会賞を受賞されたとのことです。

 本当におめでとうございます。

 堤さんのご活躍の様子は、私がここで書くまでもありませんので書きません(笑)。
 私事で恐縮ですが、実は大学院入試に失敗し、今の職場を紹介された時、私は真っ先に堤さんに相談をしました。その時堤さんは「大変だろうけど、もし決めたら、佐久の仲間として歓迎するよ」と言ってくれました。その一言がなかったら、私はその後も、受かりもしない試験を何度も受けていたかもしれません。
 それ以来、何かと声を書けて頂き、沢山の出会いと研究活動の場を頂きました。もし堤さんと出会っていなかったら、私は今の五分の一の仕事もしていなかったと思います。
 そんなふうにして、この地域の歴史の研究を、機関車のように引っ張ってくれる方です。

 どうかこれからも、お元気で(お酒に気を付けて)、いつまでもご活躍下さい。でも、先に一人で原稿をあげないで下さい(私はまだ全然です)。あと山城の調査の際、・・・・・・・・下さい。あと・・・

(ここで20年前の写真をアップしようと思いましたが、ご本人の許可を取っていないので、一応やめておきますよ)

せっかくですから、石核でもいかが?

 さて、明日は学生さんが来たり宿直だったりと、なかなか忙しい一日。ということで、家で某遺跡の石器の分類をしています。結構いいモノ出てますぜ!

IMG_4682.jpg
時期は縄文時代前期後半(諸磯aの後半から諸磯bの辺り)です。


IMG_4685.jpg
 眠気覚ましにフレッシュイチゴジュース。イチゴと牛乳にバナナ少量。今回は美味い。神保町サボールのイチゴジュースにも負けないね?
 よし、もう一踏ん張り。

悲劇! クワガタとシカ

 「A.E.Gさんは、素敵な場所に住んでおいでで、ちょっと羨ましいですわ」とおっしゃるそこの奥さん。そうですね、今朝もベランダにミヤマクワガタがいましたよ。ちょっと小さいですけどね。

IMGP1004.jpg


 そして奥さん、庭には美しい花々が、まるで奥さんの、ふふ・・・。

IMGP0926.jpg

IMGP0928.jpg

 あぁ、これはヒナソウという小さな花です。毎年春、可憐に咲いてくれています。どうです、きれいでしょう?まるで奥さんのような、ふふふ・・・。


 でもね奥さん、山の中は恐ろしいのですよ。こんなに美しい花壇が、一夜にして・・・

IMG_4676.jpg
ガ、ガビーン! ほ、ほぼ全部掘られているぅー! これはまさしく宇宙人、いや、シカ星人、じゃなくて、シカの仕業、ニホンジカの仕業。チューリップに続き、またもや…。

 奥さん、どうしますか?(意味不明)


 で、今日は先日の山城のことを書こうと思いましたが、また来週!

野球

 ご承知の方も多いと思いますが、私はスポーツが苦手です。そして、するのも観るのも好きではありません。
 もともと運動が得意ではなかったのもあるのでしょうが、小学校の頃、野球チームに所属していた友だちが、相手チームの選手を平気でなじるのが嫌でした。市内の球技大会の時、担任の先生が、嘘か本当かは知りませんが「相手は君たちのことを田舎学校と馬鹿にしているぞ!」とまくしたて、それに駆り立てられるクラスメイトの姿にも、幼心に嫌悪感を抱きました。
 私の中で、多くのスポーツ競技はその延長に位置していまい、どうしても好きになれませんでした。
 ついでに言うと、オリンピックもW杯も、特に日本の選手(チーム)を応援しません。相手のチームも頑張っているんだから、誰が、どこの国が勝ってもいいんじゃね?という感じです。
 もちろん選手の努力や能力には尊敬の念を持ちますし、応援する方々を否定する気はありません。ただ出来れば「自国を応援するのは当たり前」的な報道は辞めて欲しいですけどね。

IMGP0973.jpg

 まぁようするに、このくらい世のスポーツというものに興味の無いこの私が、何と今日、高校生の野球の応援に行ったのです。長野県の定時制高校の軟式野球の大会でした。
 出場は4校。その中のある高校には、妻の教え子(と、あえて書きますが)が1人いました。彼は中学時代、妻の受け持つ、自分のクラスとは別の教室に通っていました。そして、頑張って定時制の高校に入りました。その後は昼間のアルバイトもはじめました。果たして頑張り切れるんだろうかと心配でしたが、やがて彼が中心の1人となり、これまで校内になかった野球部を作ったという話が聞こえてきました。良き指導者にも恵まれたようです。彼には野球経験はありません。その彼が、チームの代表だとか。

 今日の第二試合、彼のチームも相手チームも、どうやらわずかな数の経験者が居るのみのようで、ド素人の私が言うのもなんですが、まぁなんというか、可哀想になる場面も多かった。しかし、得意な生徒もそれを飲み込み励まし、お互いを尊重し合う、いいチームでした。
 彼のチームは勝ちました。記念すべき初勝利です。そして次の試合が決勝戦です。これはもう相手が強かった。10点以上の差がついて、完敗。しかし雨の降る中、どちらのチームも、どの選手も素敵でした。

IMGP0990.jpg

 まぁだからといって、これで私がスポーツ好きにはならないでしょうが、なんかこう、感動してしまったわけですよ。
 若者たちよ、君たちの未来が明るくなるように、おじさんたちも頑張るよ。ありがとう。

(今日は、いい話!)
 

困難なことから逃げるタイプの製作過程です・・・笑う縄文人その7

 山城、楽しかったです。足が筋肉痛ですが…。

 さて、相変わらず脇役先行型のスタイル、つまり困難なことは後回しという性格が如実に出ている製作行程で、主にウリ坊をいじってます。

IMG_4668.jpg
写真右側、ちょっとかわよくなってませんか? まぁ可愛ければいいというものではないのですが。
(だがしかし、女性ファンを得るためには、少しでも可愛い方が…)

IMG_4671.jpg
全体はこんな感じ。写真で気付きましたが、このおじさん、おでこが変だ。修正しよう。

 ちなみにこの方、下品な野次は飛ばしませんし、お金の概念もありませんので(多分)、金目とかも言いません。

 さて、裏股がイテテテテ・・・


 

山城はもっと低いところにあるといいと思います。

 ふうぅ、仕事、一段落。

 さて明日は、某山城と某山城の調査に向います。山城、山城、山城・・・山城! ま、またあの急斜面を登るのか。しかも、大雨降ってますが…。

 落ちるな、オレ!

進まぬウリ坊・・・笑う縄文人その6

 さて、ようやく長い夜が帰ってきました。昼間の仕事も疲れるけど、原稿と粘土が待ってるぜ!というわけで、再び原稿書いたり粘土いじったりの日々です。何の因果か、どっちにしろ縄文人相手とは(笑)。


IMG_4621.jpg

 今夜はウリ坊を進めましたが、なんだか調子が上がらずじまい。成果も、イマイチ…。まぁこんな日もありますね。
(そうだこれはきっと昼間遺跡の草刈りで疲れたからに違いないきっとそうだ)

 というわけで、粘土は終わりにして、諸磯式土器の勉強でもしますか、ね…Zzz…


猫よ、おいで。

 長かった消防星人との闘いもひとまずおしまい。明日からは日常が帰ってきますよ。つまり原稿が進んだり原稿が進んだり、原稿が進んだりするわけですね。
 原稿が進んだり原稿が進んだり、原稿が進んだり・・・(呪文)。

IMGP0949.jpg

 写真は妻の腕でくつろぐイコロ。明日からは父のもとにおいでね。


 

敗北 ヘルシー焼きそば

 今日のお昼、僕はカップ焼きそばを食べました。そうしたら、お湯を入れたすぐあとにソースを入れてしまって、みんなに笑われました。僕は「ヘルシーだぞ、減塩だぞ」と言ったけど、お湯を捨てたら極薄味だったので、冷蔵庫にあったトンカツソースをかけて食べました。僕は「お茶目だなぁ」と思いました。


明日は今シーズン最後の消防星人との闘いです。

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示