チラ見せシリーズ・マッコウクジラだよ

 拙ホームページ『A.E.G自然史博物館』のリニューアルの一環、模型の写真撮り直し。今回は2005年に作ったマッコウクジラです。

スクリーンショット 2014-04-27 14.31.09
チラッ、チラ。

 本編は、こちらからご覧下さい

 さて、原稿、原稿…。

原稿も書いてます!・・・笑う縄文人その2

 本当です。原稿も書いているんです!まぁでも休日だし。「笑う縄文人」、少しずつ肉付け中。まだまだですけどねぇ。

IMG_4374.jpg

 時期は縄文中期を想定しています。つまり手に持っているのは、この時期を代表するあの道具ですね。そして今話題のあの植物を足下に這わそうかと。あ、でもそうすると、ウリ坊と季節あわない

 などと、それなりに頭使いながら楽しんでいます。

IMG_4376.jpg

 なお、この作品は8月9、10日に開催される「博物ふぇすてぃばる」に出品予定です。
(間に合うのか…)

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

贈ったり、贈られたり

 「頂き物シリーズはしばらく続きます」などと書いておきながら、その後書いてませんね。あまり時間が経ってしまってもいけませんので、まとめてみました。

IMG_4273.jpg
パッッケージがきれいな南の島のコーヒー。これは考古学の仲間から。彼は4月からは新天地で頑張っているはずです。青森、行きたいなぁ。

IMG_4369.jpg
姉から。どれだけムーミン好きだと思われているんだ。好きだけど。右側は有名なあのシーンですね。

IMG_4368.jpg
富山のハマーン・カーン様から。ナヌークという名の素敵ノート。思い出してもらえて良かったね、兄犬ナヌーク(と私)。

IMG_4280.jpg
実家に持っていったお手製フキ味噌。とても喜んでもらえたらしい。来年はもっとたくさん作ろう。

IMG_4352.jpg
中学校の入学祝いに、姪にプレゼントした自転車。アウトレット品らしいですが、色の組み合わせが彼女のハートをつかみました。事故にだけは気を付けてね。


 こうして人の心は、物と一緒に巡っていくのですね。あの縄文土器も、そんな気持で運ばれたのかな?なんてね。
 というわけで、またもや「贈り物だったかも知れないある遺物」の研究に取り組みます。忙しいけど、頑張ります。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

チューリップ、ピンチ!

 熱が出て、2日ほど寝ておりました。さて、そんな中、ようやく春を迎えるわが家の庭に、チューリップ他沢山の球根が芽を出してくれました。



ところが…

ガビィ~~ン! た、た、食べられてる~!!



 今のところ花壇の一部ですが、よく姿を見るし、それっぽい足跡もあるしで、やっぱり「シカ」ですかね?

 まぁもともと彼らの土地ですし、無理に対抗しようとは思いませんが、今年は大雪の影響で餌が少ないんでしょうか?

 でも、美味しいのかなぁ…。

ジュース飲む?Cafeですからね。

今朝は雨でお散歩にも行けないし、朝からジュースでも。

IMG_4348.jpg

先日、ミキサーを新調しました。フレッシュジュースがブームです。なんでもミキサーです。ぐるぐるです。

こうしていると、天国にいったモルモットたちに、野菜ジュースを作って飲ませていたのを思い出します。

blog_import_4ca339f28473a.jpg

もうすぐタンポポも咲くね。

謎の男、謎の生物とともに現る!・・・笑う縄文人その1

 さぁ、予告した「笑う縄文人」の製作行程、写真初公開!

IMG_4346.jpg

 すみません、まだちょっとキモイですね。これから肉付けして、立派な縄文人になる、はずです。人間を作るのも数体目ですが(縄文人に限定すると3体目)、今度こそ、納得出来るホモ・サピエンスを作るぞ! あ、足下にいる謎の生物は、可愛いウリ坊ちゃんになる、はずです。


IMG_4321.jpg
ちなみに、これが本当の最初の状態。もうキモイというか、ヤバい、ですね…。

 まぁとにかく、世の中の嫌なこと、全部笑い飛ばせ!


 

ホームページ更新・恐竜 リス シロイルカ 人間

 さてさて、しばらくの間放置しっぱなしだった、私のホームページ『A.E.G自然史博物館』ですが、現在リニューアルを進めております。その一環として、模型の撮影をし直しています。とりあえず、前回のカバに続いて「ケラトサウルス」「ホンドリス」「ベルーガ」の3作品、いずれも昔の作品で恥ずかしいですが、是非ご覧下さい。

belu-m2.jpg

 また、展示の解説文を見直しています。まずは人類の歴史「過ぎし日のビックゲームハント」から。
 いやぁ、冷や汗もんですね。考古学者のくせに、こんなにも古い情報のまま載せていたなんて。まぁあえて言いませんが、放射線炭素年代測定法恐るべしと言ったところでしょうか。その関係で、ストーリーにも矛盾が生じていますが、まぁ、ここだけは…。
 そもそも、色々と将来を思い悩んでいたあの時、実はデビューを夢見て(妄想)、小説じみたものを用意していたんですよね。以下、あまり学問的に検証しないまま思い起こしてみると・・・

 旧石器時代末期、伝説の大角鹿の狩人(と伝えられる)一族がいた。周囲では弓矢を使い始める集団も現れる中、彼らはひたすら槍にこだわっていた。しかし「もう大角鹿なんていないよバーカバーカ」と周りには言われ続けていた。主人公であるこの一族の男は、オオツノジカを追って旅に出た。で、色々あって、ラストシーン、主人公の男が死ぬ間際、オオツノジカの生き残りに出会い・・・的な。

 こんな妄想が下地にありましたので、ちと時間的に開きがある可能性を含んだまま、強引にオオツノジカを引っ張ってます。あはは、ごめんなさい。

 それにしても、なぜ私はいまさらのようにホームページを更新しているのでしょうか? 実は…。

頂き物シリーズそのR2-D2 ☆ 祝!アストロメイクドロイド!! 

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・

♪チャチャチャチャーチャー チャチャチャチャーチャー

IMG_4225.jpg
PiPiPi...

IMG_4226.jpg
PiPiPi...

IMG_4227.jpg
PiPiPi...

IMG_4294.jpg
PiPiPi...PiPiPi...PiPiPi...

IMG_4305.jpg
PiPiiii !!!!!

というわけで、毎年欠かさず我が職場を訪れてくれる大切な友人の一人、IW君のお土産、完成! 結構作り応えがありましたぜ。

IMG_4312.jpg
これで約束↑を果たせましたね。そして、ご入籍、おめでとう!

 頂き物シリーズはしばらく続きます。


というわけで、旧石器時代の狩人リニューアルバージョン、公開です。

 はい、今日こそ公開です。完成が2006年、改修したのが2011年と随分時間が経ってしまいましたが、作品名「細石刃の槍を持つ旧石器時代の狩人」、私のホームページ『A.E.G自然史博物館』にて公開しました。是非、ご覧下さい。

bc100xxver2-m2.jpg
チラ見せ、チラ、チラ。

 ちなみにこの作品は、2011年の東京国立博物館特集陳列「石に魅せられた先史時代の人々」にて展示されたものです。

旧石器人撮影!?

 奥さん、実は先日、買ってしまったんです。これ、撮影ブース↓

LS deco 撮影ボックス60 【撮影ブース】ロールタイプ3バリエーション背景付き [エレクトロニクス]LS deco 撮影ボックス60 【撮影ブース】ロールタイプ3バリエーション背景付き [エレクトロニクス]
()
LS_deco

商品詳細を見る


 実際使い勝手や撮影した写真はどうなのかなぁ、なんて思っていたんですが、何これ、超便利じゃん!今までの苦労がウソのようじゃなイカ。
 というわけで、早速模型の撮影。実はきちんと紹介していなかったこの人↓をホームページに公開…しようとしましたが、今夜はアップデート出来る環境になく、撮った写真のチラ見せで。

bc100xxver2-m1.jpg

 チラ、チラ。詳しくは、明日にでもまた。


テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示