餌を探すコッコステウス、のつもり

 一晩いじってみて、こんな感じになりました。淡水にしては青過ぎる?そもそも餌は何?などと考えながら、もう一晩熟成して仕上げます。

スクリーンショット 2013-01-31 22.58.05

 模型をデジカメで撮って、さらにMacで加工するようになってもう10年以上ですが、先日某SNSで「中学生の頃から見ています」なんてコメントをもらいました。続けてみるものですなぁ。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

覚えていますか?作った模型はCGで遊ぶのです。

 久しぶりに、Photoshop(エレメンツ)で遊びます。餌をあさるコッコステウスを作成中です。デボン紀のお魚ですよ。

スクリーンショット 2013-01-30 22.20.32

 まだ全体になじんでないですね。水底もどう表現していこうかな、という状態。そう言えばマウスではなく、Magic Trackpad でこの作業をするのは初めてですが、特に問題無し。相変わらずペンタブレットは使ってません(笑)。

ホームページ更新!縄文人とカワウソ

 ようやく、ホームページ更新しました。2011年完成の縄文人と、2012年完成のニホンカワウソを掲載しましたので、ぜひご覧下さい。

こちら
A.E.G自然史博物館

スクリーンショット 2013-01-28 20.38.07

スクリーンショット 2013-01-28 20.38.27



 しかしホームページなぁ、なんとかしたいものだなぁ…。

コンビ解消!? タルボサウルスとサイカニア仕切り直し(また?)

 本日のフォーラムも無事終了。ちょっと休憩。

 さて、ここまで順調に(ウソ)予定取り(ウソ)快調に(ウソ)進んできたタルボサウルスとサイカニアのモンゴリアンコンビです。

IMGP9468.jpg
タルボサウルス。

IMGP9467.jpg
ちょっとはハンサムになりました?

IMGP9470.jpg
こちらがサイカニア。イボイボ。

 実はここにきてですね、深く悩んでいるのです。そう、大阪でのあの衝撃以来ずっと…。以下、参考文献は、林原自然科学博物館編集 2012『特別展 発掘!モンゴル恐竜化石展』(大阪市立自然史博物館展示図録)となります。
 この図録を読んでいきますと(実は当初から薄々は分かってはいたことですが)、やはりタルボサウルとサイカニアは、化石の見つかっている場所(層の年代)が違うんですね。まぁ素人的には「重なってても、いいんじゃね?」なのですが、うーん。
 さらにあの展示を思い返しながら図録を眺めていると、タルボサウルスとサイカニア以外にも、色々と作りたくなってしまうんです。足の速そうなあいつとか、卵を守るあのことか、角のないあんちくしょうとか…。
 それにほら、一応科学の真似事したいじゃないですか。それならいっそ、違う時期のものとして、それぞれ別で作ろうかなぁと。サイカニアは8000万年前の、タルボサウルは7000万年前の動物として作り、他の生き物も添えるというのどうでしょう。

IMG_1984.jpg
 あぁでもなぁ、この二人並べてみると、絵にはなってる気がするんですよねぇ、悩むなぁ・・・ぁぁ。
(他の人たちも写っていますが、お気になれまぬよう)

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

凍った足跡

冬、人間の通った足跡は、凍る。



極寒の地では、発掘調査で検出出来そうですね(笑)。

模型「縄文の若き狩人と犬」改めて(もうすぐ)公開します

IMGP9485.jpg

 そう言えば、ようやくちゃんと撮影しました「縄文の若き狩人と犬」。近日中に、ホームページ「A.E.G自然史博物館」で公開します。


 しかしこのページ、いい加減構成が古いんだよなぁ。フレームなんてもうダメなんですよねぇ。第一、今時HTMLの手書きですからねぇ(笑)。なんとかしたいところではありますが…。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

惜しげもなく、犬犬猫兄妹!

 すみません。可愛いんです、うちの子たち。

IMG_1951.jpg

IMG_1953.jpg

IMG_1959.jpg

IMG_1975.jpg

IMG_1979.jpg

IMG_1983.jpg

 はい。ただ犬猫を載せたいだけでした。
 いつかは先に旅立ってしまうの? でもいい。今こうして居れるのだから。

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

諏訪での講演

 昨日、諏訪での講演を終えた。80名もの方に来て頂いた。感謝。内容の方は、今朝の新聞各紙で追加)。

 今回は雪も面倒だったので、珍しく列車で動いた。


 小海線からの車窓。見慣れた風景も、いつもと違って見える。


 八ヶ岳と野辺山高原。絶景。


 今朝、電車まで時間があったので、ホテルを出て諏訪湖を散歩。何だかんだ言っても、母親の故郷である諏訪は、思い出深い土地ではある。


 凍結した湖の向こうに、北アルプスの雪の壁。御御渡りはどうだろう?


 幼い頃よく乗った遊覧船。奥に見える竜宮丸は、大好きな船だった。


 鴨たち。寒くないかい?


  片倉館。


 この辺りの用水路には、昔グッピーが群れをなして泳いでいたはずだ。もう30年も前のことか…。


 かつては多いに賑わっていた上諏訪駅前のこのビルも、デパートは閉店し、再開発で取り壊されるらしい。ここも思い出のある場所だ。
 背後の丘には、旧石器時代の遺跡が並ぶ。沖積地のはずだが、掘ったら何かしら出ないだろうか?ナウマン象と植刃器とか(笑)。


 祖母の家だった場所には立ち寄れなかった。まだまだ、私の心は弱い。さらに歩いて行けない距離ではないが、この残雪と革靴では無理と、お墓参りも断念。


 昨夜は、お世話になった諏訪の方々と楽しく飲んだ。例のシンポジウム以来休んでいる私であるが、そろそろ、次のステップを探ろうかな。

ここは、喫茶室ですから

 明日の講演を前にして、今日は一休み。
 
 さて、突然ですがこのブログ、もともとは我がホームページ「A.E.G自然史博物館」の喫茶室という意味で、「A.E.G Cafe」というネーミングとなっております。

IMG_1887.jpg


 しかし開設当初は、実は本人がコーヒー苦手という、喫茶室としてあり得ない状態でありました(笑)。
 ところが、いつの頃からか、コーヒーを美味しいと感じるようになって、ここでもコーヒーの話題を書けるようになりました。
 そして、そんなことを書き連ねた結果、知り合いの女性考古学研究者が、美味しいコーヒー豆をプレゼントして下さいまして、以来そのお店のものを愛飲しております。
 さらに先日、たいしたことをした訳でもなのに、お礼ということで、これまた美味しい豆を頂戴しました。このブログにもコメントをくださる女性です。いや、これも美味しい。

IMGP9449.jpg


 そんなこんなで、夜な夜なコーヒーミルで豆を轢き、疲れた心と身体を癒しております。もっとも今日は、よそで美味しいコーヒーを頂きまして、ゆっくりジャスミン茶でくつろいでおります。

 まっこと人間とは、お茶を飲むサルですな。

 それでは、明日に備えて、お休みなさいませ。


(で、要するに何が言いたいかというと、私にはコーヒーを送ってくれる女性が複数いるんだぞという自慢に他なりません。フハハハハ!)

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

愛のメッセージ

これは、職場のかわい子ちゃんによる、愛のメッセージである!(断定)

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示