みんな、爪を切れ!・・・快適iPhone生活への道その3

 さて、iPhone生活。今回は文字入力について。

 前回Bluetooth接続のキーボードによる文字入力の快適さはお伝えしました。ところが、iPhoneをiPhoneたらしめる液晶画面のタッチ操作、これがもう全くダメなんですよ。タッチする度誤操作連発。特に文字入力のように小さい面積をタッチしなければならないときはもう最悪。文章全然打てない!

 これはもしや、またしても宇宙人の仕業では?と疑ってもみましたが、私のは科学する心はあることに気付きました。どうも、タッチしようとしている右側の部分をタッチしたと認識されている。常に右側。右手の指である限り、絶対に右側。そうだ、指だ、指の形だ!そこで妻と指先を比べてみると、やはり指の先端の膨らみが人より根元側にあるんですよ、私の指。謎が解けました。科学の勝利です。
 さて、原因が分かれば対処は簡単。私は押したい箇所の少し左側をタッチすればいいだけです。と、あれ?なんで?全然変わらない。分かっていてもダメ。おそるべし、視覚依存。そこじゃない、もっと左、ヒ・ダ・リ!

 と、キーキー叫ぶ私を見て、妻は冷静に「ペンみたいなの使えば?」と。なるほど、タッチペンとかいうやつですな。妻よ、よくぞ言った。
 で、Amazonで物色していましたが、昨日の買い物中、偶然見つけてしまいました。iFeatherという商品。なんとなくオシャレだし衝動買い。羽の形のデザインが素敵ではないですか。これで画面をタッチするわけですね。さっそく「羽ペン」と命名して使用開始です。
 肝心の使い勝手はと言いますと、ミスタッチはかなり減りました。もう少し反応が良ければ最高ですが、妻は「大分キーキー言わなくなったわね」と言っておりますので、まぁ合格点でしょう。
 ちなみにこの製品、ストラップ風にイヤホンジャックに付けておくことが出来ますが、使う時には外す仕様のようです。せっかくなので、ヒモをかませて外さずに使えるようにしてみました。

IMGP7960.jpg


 ところが、ここに来て新事実発覚。何気なく伸びた爪を切り、何気なくタッチ操作してみたところ、あれ?普通に文字打ってる。殆んどミスタッチしない。ガビ~ン! もしかしてなに、これは単に、
単に爪が伸びていただけだったんですか!!!


 でもまぁこれで、普段は指でタッチ、気分次第で羽ペン、さらに本気の時はキーボードという、楽しげな体制が見えてきましたね(ポジティブ)。

 さて、あとはiPhone本体を守るケース探しなんですが、なかなか踏ん切りが付かず。まだ物色中です。

  まぁ皆さんも、爪の伸ばし過ぎには注意しましょうね。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

考古学3点(百点満点で3点ではない)

東京国立博物館の展示、本日までだそうです。未見の方はぜひ!
写真

【苅谷俊介講演会 「土と役者と考古学」】こちらもよろしくお願い申し上げます!


★昨日の勉強会、無事終わりました。今後の方針も見えましたね(楽観視?)
 次回はもう決定です。12月3日(土)。 皆様、またよろしくお願いします。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

犬布団、猫布団

moblog_adc7f1488.jpg
重くても許す。





iPhoneから送信

石器実測準備完了!(準備だけ)

 先日東京でゲットした実測道具。これでお家でも石器の実測出来るかな。と思ったら、ケント紙忘れたし、梅酒飲んじゃったし。
 ちなみに南相木村大師遺跡、諸磯期の石器です。
写真

 明日は勉強会。司会なのか?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

iPhone購入記・・・快適iPhone生活への道その0

プロローグ
 「iOSなど、所詮コンテンツを消費するだけのもの」とか、「あんな機械をみんなが持ってる前提の話はふざけている」
 などと散々悪態ついていた私ですが、本音を言えば、欲しいに決まっていたじゃないですか、iPhone。SoftBankの電波が届く地域の人々を、どれだけ羨んでいたことか…。
 そして、山中のわが家でも電波の届くauから、ついにiPhone発売との噂が…。
 ここで、その購入に至る険しい道のりを、振り返っておきましょう。

9月下旬
 にわかに、auからiPhoneが出るとの噂がネット上に広がる。まだ半信半疑。期待しないようにする。
☆期待度50%・不安度50%

9月23日
 どうも噂は本当らしい。心を落ち着かせつつ、iPhoneの機能を勉強し始める。
☆期待度80%

10月6日
 おかしい。明日から予約開始のはずなのに、auのホームページにはなんの気配もない。やはり、デマだったのか?
☆不安度80%

10月7日
 予約開始日。ついにauのページにiPhoneの文字が?
 反射的に行動開始。とりあえず最寄り(車で30分)のauショップに電話するも一向に通じず。そこでもう少し先のショップに電話したところ、やはり最寄りの店の方は予約を開始しいているとのこと。これはもう、直接行くしかない!
 仕事をさっさと済ませてショップ到着。人はそれ程多くない。それでも一時間ほど待つ。自分の名前が呼ばれ、これでiPhoneが自分のものになるのかと思うと、講演会の10倍緊張する。
さらに、担当のお姉さんが眼鏡美人。い、いかん、思わず64GBの白を頼みそうになるが(お金持ちでオシャレのイメージ)、正気に戻り32GBの黒(フツーの39歳のオジサンのイメージ)を予約する。
 なおこの時、料金プラン等の説明もあったが、チンプンカンプンだったのは言うまでもない。
☆現実が信じられない度100%

10月14日
 発売日。流石に今日は連絡来ないだろうと思い、平静を装い暮らす。
 しかしショップから連絡あり! 予約分の確保が出来ましたとのこと。息が止まりそうになる。
☆ちっちゃな胸が張り裂けそう度120%

10月15日
 午前中は仕事。午後からauショップに向かう。結構な順番待ち。とりあえず2時間は掛かりますという説明を受付、妻と買い物を済ます。
 その後戻ったものの、かなり待たされる。でも定員さんがジュースをくれた。妻の分も。
 そして、ついに自分の名前が呼ばれる。もう立っているのがやっと。気を失いかける。やがて気付くと、iPhone4Sが自分の手の中に。
 帰宅後、「いつもは1000円のプラモデル買うのにも悩むくせに、今度はあっさり決めたわね」と妻に笑われる。ふっ、当然だ。俺は漢(おとこ)だぜ(意味不明)。
☆仕事を終えた男の顔度200%
☆神様、高い買い物をしてごめんなさい度400%
☆キミは1000%(オメガトライブ)

 ふぅ、こうして始まった私のiPhoneライフ。今はまだ色々な可能性を探っている段階ですが、また皆様のお役に立つ情報を報告させて頂きます。お楽しみに。

iPhoneから送信

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

苅谷俊介講演会「土と役者と考古学」のお知らせ(と勉強会のお知らせ)

【苅谷俊介講演会 「土と役者と考古学」のお知らせ】

すでに八ヶ岳さんのブログでも紹介されていますが、
俳優の苅谷俊介さんの講演会が、11月3日、南相木村公民館で行われます。

kariya_04915B15D.jpg

タイトルは「土と役者と考古学」
後半は、堤 隆+藤森英二+苅谷俊介の考古学放談です。
何を話すかは、現在の所不明!
不安大ですが、ぜひお越し下さい。

◆日時 2011年11月3日(祝) 13:30―15:00
◆場所 長野県南佐久郡南相木村公民館
◆内容 苅谷俊介講演会 「土と役者と考古学」
    考古学放談 「南相木の考古学的調査」

--------------------------------------------------------

【縄文中期部会第4回勉強会開催のお知らせ】

こちらもお知らせ済みですが、
10月29日(土)に、縄文中期の勉強会を行います。
山梨県立考古博物館の企画展も見れますよ!
ぜひご参加の程を。お気軽にどうぞ。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

こんな夫婦ですみませんシリーズ・ガソリンスタンド編

とあるガソリンスタンドにて。
「現金、満タン、カードで!」と頼んだ夫と、
「手がけコーティング」を「命がけコーティング」と読んだ妻。

スタンドのお兄ちゃん、ごめん。

iPhoneから送信

シカ・黒曜石・カラマツ

 今日は「信州黒曜石研究フォーラム 」参加のため、茅野市尖石考古館へ。わが家からは国道299号線、麦草峠を越えれば車で一時間ほど。途中には信号もなし!黒曜石も見れますよ(笑)。そして今日もシカに遭遇。撮影にも成功しました。いいぞiPhone!
写真

 あ、フォーラムについては、懐かしい友人にも会えて良かったです。
 あ、そういう事じゃなくて、黒曜石の埋納遺構(デポ?)についてですが、私的には「あぁ、そういう風に考える人もいるんだな」という感想です。多くは書きませんが、私なら縄文時代の精神世界をもう少し広く考えるかな、と思った次第。今やっている縄文中期の勉強会にも、なんとか黒曜石の問題を取り込みたいところです。

 あ、それと、峠付近のカラマツは、見事な黄金色に染まっていました。
写真2

 さて、明日は再び横浜です。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

夢のような上野の森での展示

 昨日、代休を頂いて東京へ。今回はリッチに新幹線の旅。しかも、Twitter上ではすでに告白したように「謎の女性」も同伴です。
 目的は現在東京上野の国立博物館で使って頂いている私の作った模型を見に行くためです。ようやく行けました。
 しかし、いきなり上野駅構内でピンチ!なんですか、あのオシャレなお店は?同伴女性いきなり買い物開始。ちょっとこら!ふぅ、危ない、危ない。お危うくこちらまで散財するところでした。
 さて、その後予定通り国立博物館の平成館へ。本当にこんなところに、私の模型なんか展示してあるんでしょうか?ちょっとドキドキ。

 しかして、ありました。模型2点。旧石器人縄文人(と縄文犬)。やっぱり感動です。天下の東博で、キャプションに自分の名前が…。懲りずに模型作っててよかった。
 で、展示物の前で同伴女性にピースサインの写真撮ってもらおうとしていた私は、他のお客さんから見てかなりの変なおじさんだったはずです。でも撮っちゃった。展示室内の写真って、こういう所に載っけていいのかな?分からないので今回は止めときます。
 ただ残念だったのは、ここで働く優秀な後輩たちには会なかったこと。田舎の学芸員(私)と違って、皆さん忙しいんですね(笑)。S君、O君、I君、また会いましょうね。そして、色々ありがとうございました。

 その後は割といつものコース。お茶の水で母校を眺め、「エチオピア」でカレーを食べて、神保町で本屋巡り。必ず立ち寄る「鳥海書房」も含めぶらぶらと。今回は私も同伴女性もなかなかいいものを探し出しました。古書店では偶然の出会いが楽しいですね。
写2真

 で当然、「さぼうる」に寄る。イチゴジュース美味い。
写真
でも「どうせ写真を撮るなら飲む前に撮りなさい」と、同伴女性に突っ込まれる。確かに、美しくない。

 ちなみに私は大学の4年間、同伴女性は+3年間も仕事でお茶の水に通ってました。だから来るたびに、懐かしさもあり、ビルや店が変わっていく様に驚きもあり。さて、一日楽しんで、犬犬猫亀の待つ信州のわが家へ。新幹線、高いけど便利ですね。
 さて明日は、信州黒曜石研究フォーラムへ。麦草峠を越えれば、会場の尖石は近い!!

 そうそう、同伴した女性ですが、もうバレバレでしょうが、一応謎のままとしておきます(笑)。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

いつの間にかに…

今夜は珍しく残業! いかんいかん。
そして、外はいつの間にかに秋の装い。

写真

今朝の犬の散歩。iPhone4Sで撮ってみましたよ。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示