HPとは「平板ポイント」ではない。


 本日で、南相木村大師遺跡の発掘調査がほぼ終了。最後の最後まで、縄文時代前期(諸磯b式)の土器がざくざくと出てきました。ちょっと感動的なくらいでしたよ。

 そんな中、わが家に新しいプリンタが届きました。自分で買ったのはこれで3台目。思えば最初はcolorclassicIIと一緒に買った、アップルのstylewriterIIでしたなぁ。もちろんカラー印刷なんか出来るはずもなく…。

 まぁ思い出話はさておき、初めてHP社の製品を購入しました。所謂複合機「HP Photosmart Premium C309G」。何が凄いって奥様、これが八千円ちょっとですよ!下手すれば修理代より安い!
 印刷結果については、もう全然満足です。特に黒の顔料インクは素晴らしいですね。印刷のスピードも速い!写真だってあっという間に出てくる感じです(もっとも最近はどこのメーカもこんなもんらしいですが)。
 但し、印刷が始まるまでに異常に時間がかかることがあります。イライラというより、失敗かと思ってドキドキしますね。あと、iMacとは無線LANであっという間につながりましたが、妻のVAIO(Windows vista)との接続には少々手間取りました。

 そうそう、ちょっとしたオマケも付いてましたよ。なぜかロゴ入りのポーチ。
 
 と言う訳で、HPとは「平板ポイント」ではないんです。発掘現場なんて知らない方々、意味不明でスミマセン。

南相木村大師遺跡 現地説明会のお知らせ


5月から行ってきた「南相木村大師遺跡」発掘調査の現地説明会を行います。

日  時  平成22年7月4日(日) 午前10時から午後3時30分まで         
場  所  南相木村和田地区(大師遺跡)
       乗用車でお越しの方は南相木小学校へ駐車してください。
      駐車場から現地まで徒歩5分です。
説  明  1)午前10時30分~11時30分 
      2)午後14時00分~15時00分
☆見どころ☆
 ◎縄文前期諸磯期(約5700年前)
  ・竪穴住居跡8軒・墓穴多数
  ・滑石製耳飾・イノシシ取手付土器・小形有孔浅鉢土器(完形品)など
 ◎平 安 時 代(約1000年前)
  ・竪穴住居址2軒
  ・墨書土器・灰釉薬陶器・刀子など


標高1000mの原始・古代のムラ!
南相木村初の発見が目白押しです。
ぜひお出かけ下さい。
(問い合わせ先 南相木村教育委員会 0267-78-2433)


多分私が解説する、のかな?
一緒に調査をした八ケ岳さんもいますよ。

みにみにナヌーク


 昨日お留守番をした犬犬兄妹は、イコロの薬とかおもちゃとかを散々に破壊してました。トホホ…。

 まぁそれは忘れて、本日、わが家に妻の知り合いのペット食育指導士でもあるさゆりさんがいらして、フェルトを使った人形作りを教えて下さいました。
 で、妻が作ったのがこれ。 みにみにナヌーク。もう少し手を加えたいそうですが、ちょっと似てますね(笑)。

 尚、油断したら犬犬の餌食になることは明白です。トホホ…。

お手製設計図…タルボサウルス・サイカニアその2


 プリンタもスキャナーも使用不能のままですが、ちまちま骨の長さを計算しながら、タルボサウルスの設計図を作ってみました。 そ、粗雑…。でも私の場合はいつもこんなもの。大きさと各部の比率が分かればいいのです。結局は立体にしてみないと、物事が見えない頭脳なので(笑)。
 サイカニアの方は、おなじみふらぎさんから極上のデータが届きまして、それを参考にしていきます。毎度、ありがとうございます。

 それにしても、科博の写真、なかったっけなぁ~。

元気な子猫と微妙な私


 新しい家族イコロ、体重もグングン増え、元気いっぱいです。回虫がいなくなったら、思い切り遊ぼうね。

 一方私は、楽しい調査の毎日です。ただ普段の仕事と並行作業のせいか、やはり疲れます。
 今朝は、優しい(?)妻が買ってきてくれた「某栄養ドリンク剤」を飲んで出発。これで頑張れる!はずだったのですが、いきなり絶不調。身体が熱を持ち過ぎたようで、今日一日とつても辛かった。こんなこと、あるんでしょうか?

 尚、現在行っている南相木村大師遺跡の発掘調査については、後日現地説明会等の予定をお知らせ出来ると思います。
 平安と諸磯です。いいもの出てますよ。

タルボサウルスが作れない理由…タルボサウルス・サイカニアその1


 今日も楽しい発掘調査でした。

 さて、新作の恐竜について。
「恐竜と言えば、科博入口の、あのタルボサウルス!!」
と言う方、結構おられませんか?国立科学博物館入口ホールのあの展示、かっこよかったですよねぇ。私なんかは、あれが恐竜の世界への、科学の世界への入口でした。
 「そろそろあいつを作りたい」というのが、今回タルボサウルスを選んだ理由です。

 ところが…。

 記憶では、あのホールで写真を撮りまくっていたのですが、アルバムを探しても、これが一枚も無い。おかしい、マイアサウラと一緒にやたらと撮った気が…。なんだか本当に撮っていたのかどうか、それすら自信がなくなってきました。あそこ撮影出来ましたっけ?

 さらに…。

 わが家に鎮座する愛用の複合機、エプソンのPM-A850。使い始めて6年数ヶ月。性能的に不満はないのですが、どうも使い過ぎたようです(特に妻が)。
「プリンタ内部の部品調整が必要です。修理に出して下さい」とメッセージが出て、一切使用不要になりました。おそらくインクを吸い取るスポンジが眼界らしいのですが、スポンジを替えるくらい自分でさせてと思いつつ、調べてみると結構な費用が必要なのですね。こうなると、無線LANで両面印刷も出来る新しいのが欲しい気も。この家、やたらとプリンタ使いますしねぇ(特に妻が)。

 まぁそれはともかく、スキャナーもプリンタも使えなくなり、製作する模型の縮尺に沿った骨格図を作成出来ません。

 どうもなんだか、はやくも製作難航です。

 あ、原稿の再校が来てますねぇ。

猫→ベンガルトラ→魚→恐竜→明日の準備


 ということでわが家にやって来た子猫のイコロ。可愛い。可愛いのですが、やっぱり私には猫が不思議過ぎてどう接していいか分からない。ほとんど妻に任せっぱなし。

 でも、この子と仲良くなる頃には、もっとネコが分かるかな。いや、きっと分かるはず。ということで、ネコの親分(?)、ベンガルトラは延期! ネコが分かってきたら再開しますとも。決して飽きたんでは…。

 ところで、猫って魚が好きなイメージありませんか?でもちょっと読んだ本では、魚より肉が好きとか、正確には魚を多く食するという根拠は無いとか。
 そして魚といえば、そう絶滅魚類大会<デボン紀限定>。なんとか候補も絞れてきて、ワクワクしてきましたよ。

 ただそうは言っても、作り始めるにはまだ早い。しばらくは猫をよく観察し、魚の勉強をしつつ、恐竜を作りましょう。予告通り、タルボサウルスとサイカニアで。
 あれ、予告してませんでしたっけ?いや、してあった。

 などと思いつつ、明日は御代田町の公民館で講演です。これから準備しま~す。

犬犬、興味津々


 ナヌークとブランカ、小さくてコロコロ動き回るイコロに興味津々です。
 ただしイコロは回虫がいるので、まだ一緒に遊ばせることは出来ません。早く治るといいですが…。
 調査は続くし、土曜日は講師とまだまだ忙しいですが、頼まれるうちが花。倒れる手前くらいまでは頑張りましょう。

 それにしてもナヌーク、こうしてみると巨大ですね。

猫を飼うことに決める


 さて、拾った子猫について。

 昨日、彼女を拾った辺りの方に話しを聞きましたが、付近で猫を飼っている家はなさそうな上、「最近自販機の辺りに猫がいる」という噂があったとか。つまり、親からはぐれた野良猫か、捨てられた猫である可能性が高い、ということです。

 私の足にまとわり付いてきたこの子を、私は抱き上げました。

 この子を、育てようと思います。

 元気そうとはいえ、猫風邪は治療中だし、回虫も確認されました。まだまだ油断は出来ませんが、夫婦二人で、大切に育てようと思います。 ナヌーク、ブランカ、お前達の、妹だよ。

 これからこのブログにも度々登場するでしょう。よろしくお願いします。
 名前はイコロ。アイヌの言葉で「宝物」という意味です。

脱出!


 出張の帰り、土砂降りを覚悟で麦草峠に向かいましたが、雨にはならず。まぁ、なかなかの霧でしたが。

 さて今晩は、とりあえず「明日までにしなくちゃいけないこと」がない!ゆっくりお茶が飲めそうです。

 そうそう、猫の話ですね…。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示