君は、雪男に会いたくないか…。


 本日も寒いですがよく晴れました。ようやくゆっくりコーヒーを飲む気分に。
 さて、新カテゴリー「妄想考古学」。お願いです、考古関係者の方々、読み飛ばして下さい。

 さて、記念すべき第1回目は、雪男、イエティの話。

 突然ですが、私は中学の卒業文集に、ネッシーを発見した未来の自分を書いています。おばかです。おばかですが、実は当時から「ネッシーよりもイエティ(雪男)存在の可能性が高い」とにらんでおりました。うむ、なかなか賢い。

 あれから二十数年。

 先日、W大学の愉快な仲間たちと雑談している際、なにか楽しいことをしたいという流れの中で、「雪男、イエティを探しに行く」という話になりました。
 しかしどうやって探すのか?川口探検隊よろしく、カメラマンと供にヒマラヤの奥地を歩き回るのか…。いやいや、我々は考古学者ですよ。発掘するんですよ、発掘。彼らが存在する(した)ならばその骨(化石)くらい残っているのでは?あるいは石器を使っていたかも?
 そうです、ヒマラヤで発掘をするんです!科研費でももらって、イエティの発掘調査に行こう!

 なんて、楽しいことを考えていたところ、このニュース。なんとシベリア南部の洞窟で、未知の古人類の化石が発見され、しかもそれがおよそ4万年前まで生存していたとのこと。
 2003年にインドネシアで発見された小型人類ホモ・フロレシエンシス(通称ホビット)にいたっては、およそ1万年前の化石が見つかっています。さらにもし地元の伝承が正しければ、実に19世紀まで生きていたとか(いないとか)。
 とにかくも、我々ホモ・サピエンス以外の人類が、ごく最近まで生きていたのは間違いないようですね。

 ならば、ヒマラヤの奥地に未知の人類が生き残っていたっていいじゃないですか。どうですか皆さん!私たちに科研費を!!!

 ふぅ、書いてしまった。あ、これは妄想ですからね、妄想。良い子はあまり本気にしてはいけませんよ。

 とりあえず、ナショナルジオグラフィックの新刊『ビジュアル 類人猿』が読みたいです。
 いやその前に、論文仕上げます…。

心配なお家


 写すのも忍びなかったのですが、お向かいの家に倒れてしまったカラマツです。どこもこんな感じですが、素人ではどうすることも出来ません。

 ご心配頂いた方、ありがとうございました。こんな状態ですが、みんな元気です。

雨氷被害 本編


 わが家の窓から見たカラマツの木立。先日の雨氷で木々はご覧のように氷に包まれています。滅多に見ることのできない、美しい光景です。
 ただ、人の目には美しいのですが、樹木にとっては大変な災難のようです。今回は本当に沢山の木々が、氷の重みで折れてしまっています。ドングリの沢山なるコナラも、奇麗な白樺たちも…。

 さて、私どもの事。一昨日の朝、既に雨氷によりいたる所が凍りついていました。実は2台ある車のうち1台の調子が悪く思案していましたが、その日はちょうどタイミングが合い、妻の運転で職場に向かいました。夕方用事が済んだ妻に迎えに来てもらう算段です。
 実はこの時点で、家の周りでは大きな枝がバサバサ落ちており、それを退かしつつの走行でした。まぁそれでも大きな道路に出てからはとくに問題はなし。
 そして夕方6時過ぎ、予定通り妻が私の職場に到着。このまま家に帰って、犬にご飯をあげて、夕飯をとって、論文を仕上げようかと、つまりは極普通の日常が待っているはずでした。

 薄曇りで、若干雪が舞う程度の天気でしたが、つづら折りの登り道を越えると、突然「通行止め」の看板が。警備員の方もいて「倒木のため通れません」とのこと。仕方なく、あまり道路状況の悪い日は使わないやや細い道を行くと、そこにも「通行止め」の文字が。近くの友人の家を訪ねて事情を聞いてみると、とにかくどこもかしこも倒木で、わが家に通ずる道は全て封鎖!
 夫婦二人ならあきらめますが、家には犬犬とカメが。そもそもこの騒ぎでは、家そのものが無事かどうか。
 そこで同じ別荘地に住む方に電話してみると、やはりわが家の一帯は酷い状況とのこと。事情を説明すると、とにかく来れる所まで迎えに来て下さると。私達は先ほどの友人から懐中電灯と上着を借り、歩いてわが家を目指すこととしました。既に8時過ぎの暗闇。
 幸い気温はそれほど低くなく(0℃前後)、私の足で30分程度の登り道。捨て置く車は気になりましたが、なんとなく高揚感も。しかし妻は体調がいまひとつでやや遅れ気味。しかもしばらく行くと、道路に横たわる巨木の列が。そして、その下には、ひしゃげた軽自動車が…。これは通行止めにもなるわけです。さらに暗闇からは、木の折れる音が絶え間なく聞こえてきます。
 しばらくして横道から聞こえたエンジン音が、私達を迎えに来てくれた方の車だと分かった時は、やはりホッとしました。
 
 幸い家は無事。犬たちもカメも元気でした。しかし停電はその後も何度かありますし、折れそうな危険な木も沢山残っています。まだまだ油断出来ません。電柱もこんなです。


 という訳で、昨日は30分歩いてから出勤。復旧作業も大変そうでした。ご苦労様です。友人や迎えに来て下さった方にも感謝。
 本当に、キラキラで奇麗なんですけどねぇ。

雨氷…被害


 雨氷による美しい氷の世界!
 と、言いたいところですが、これによる倒木で、わが家は現在陸の孤島。各所で被害も出ています。昨晩は車を乗り捨て、歩いて家を目指すありさまでした。
 詳しくは、色々落ち着いたところで。

努力は報われるに違いない、と思いたい・・・ベンガルトラその5


 やっぱりあきらめず、もう少しトラを頑張ってみます。何となく、見えてきた気も。次は「顔」ですね。

 本日も、iBook片手に講座です。

虎穴に入っても、虎にならず・・・ベンガルトラその4


 本日は午前中「南相木村歴史探訪講座」の講師を務め、午後はブランカを病院へ。軽い外耳炎で、お薬をもらってきました。

 さて、久しぶりに粘土細工です。もちろんトラ、トラですが、相変わらずトラになってくれません。こりゃ困った。もう少しやって駄目なら、一端保留にして、モンゴルの恐竜に行っちゃおうかなぁ。

 春の嵐ですね。フキノトウを見つけました。

お客さん・梅酒・土器の絵


 W大学の2名は昨日帰京。大変有意義な5日間でした。普段、博物館では独りで仕事をしているので、いなくなると少しばかり淋しい感じです。

 しかしその感傷にふける間もなく、昨晩はわが家にお客さんが。新潟在住の妻のお友達と、八ヶ岳から降りてきた我が従妹とそのお友達がやって来ました。
 妻のお友達のお土産は限定品の梅酒。これが美味しい。アルコールが駄目な私も沢山頂いてしまいました。あーイカも美味かった。そんなこんなで夜遅くまで楽しい時間を過ごして、おかげ様で今日は二日酔い状態でした…。

 さて、従妹の方ですが、現在山登り業界(?)で糧を得ており、こんな本も出しています。悔しいが少し前に書店で購入していました。 
 将来高く売れるように、サインを命ずると、土偶と土器を描きたいとのたまう。すると…真ん中のは完全に土偶ではなく埴輪ですが、土器の方は割といい感じ。偶然にもそれっぽい。北関東の中期あたりにありそうですね。
 彼女は先日、山梨県の北杜市に引っ越しています。いや、あそこはいい土器出てますからね。私の研究中の土器もいくつかありますし、今度実測図でも描かせましょうかね(笑)。

 何もないところですが、皆さん、またお出で下さい(W大学の2人も、次はぜひ、ね)。

階段で犬


 外は強風。空が唸っています。しかしその分空気は澄んでいて、まさに満天の星空です。


 小さいブランカは風の音が大の苦手。一日中妻の側で震えていたようです。いつもはこんなに威張ってるんですけどねぇ。





  こちらは、先日妻が撮影したナヌーク。階段に転がったおもちゃを見て、遊ぼうか寝ようか考え中。

 どちらも元気です。

黒曜石で犬


 昨日は お仕事で長和町黒耀石体験ミュージアムへ。
 また体験グッズが増えました。黒曜石のストラップだワン。

 参加者の皆さんもとても楽しめたようです。スタッフの方々、ありがとうございました。

 W大学の2人との、栃原岩陰遺跡整理作業も順調に続いております。

優秀な若い人材と土器の分析


 本日から、W大学の若者2名が、私の職場のお手伝いに来てくれています。ともに優秀で、向学心もあり、将来が楽しみな人材です。
 土器の分析を行っています。

 そうです、栃原岩陰遺跡出土、縄文時代草創期末から早期の土器、ついに本格的に分析を始めました。1965年の発見以来、多くの研究者が待ち望んでいる資料です。時間は掛かるでしょうが、きちっと成果を出したいと思います。


 明日は長和町黒耀石体験ミュージアムに。実は、私の作ったものが密かに展示されてたりしますが、誰も気付かないだろうなぁ(笑)。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示