今日はお誕生日(…妻ではなく)


 妻のはともかく(しつこい)、こっちの誕生日は覚えてます!

 本日、5月29日はモルモットのミンミ・ブラウンの誕生日です。満6歳。人間でいうと、すっかりお婆さんとのことです。
 妻の勤める動物愛護センターで「触れ合い動物」として頑張っていましたが、身体の調子を崩し、私たちの家族となったのが2005年の3月。思えばまだアパートに居た頃でした。
 何度か大病に襲われもしましたが、ずっと一緒にいてくれました。最近では「高齢」を感じてしまう場面も多いのですが、美味しいものを沢山食べて、どうか長生きして下さい。
 
 お誕生日おめでとう。

トホホ3連発


トホホ1
 昨年末に購入した妻のVAIO Type N。実は以前から電源周りが怪しかったのですが、先日ついに起動不能に。サポートセンターに電話したところ、「ハードディスクの初期化が必要かも知れません」という診断。しまった、バックアップとってない。
 ということで修理センターに送った後も、初期化の恐怖に脅える日々…トホホ。
 結局、マザーボードの交換となり、心配していた初期化は免れましたが。いずれにしても心臓に悪いので、バックアップはこまめに取らんといかんですね。

トホホ2
 「5.18誕生日ど忘れ事件」について、各方面からお叱りのお言葉が。いや、お叱りのお言葉のみが・・・トホホ。
 親愛なる読者の皆さん、ぜひ来年は私にそっとメールを下さい。「もうすぐですよ」って。

トホホ3
 現在塗装中のカリコテリウム。いや、マズイです。実は今回短い毛並みを表現しようと、小型金属やすりの削り目をそのままモールドとしたのですが、これを活かすべく、まず全身黒に塗って、その上に色を乗せていくという方法をとってみました。
 ところがどうもこの黒の力が強すぎたのか、全然思うような色味にならない。かといって色を重ね過ぎると、細かなモールドがどんどん消えていく・・・トホホホホ。
 いや、これはトホホでは済まないピンチではなかろうか。


 さて、お茶にしましょ。

完成・証拠写真・・・のつもり


 「絶滅哺乳類大会」。共同開催者のふらぎさんは作品完成のようですね。
 漢(おとこ)らしく完成品の証拠写真をアップされていますので、私の方も。 あれ、完成してません!? いや、よく見て下さい、エピガウルスは色も塗ってあるし、カリコテリウムの方はベースの木に葉も生えてますよ。後はほら、本体の塗装のみで…。
 ということで、これだけ出来ていれば月末の締切りはクリア出来るんだろう、とご理解下さい(笑)。いやもちろんホントに間に合わせますけどね。

 それでは、今度こそ、大会でお会いしましょう!

育てドングリ


 さあ、妻の怒りも悲しみも乗り越えて(?)、しつこいようですが、庭のコナラ・ミズナラ達です。なぜ彼らに魅かれるのか分かりませんが、危険な場所に出てしまっている芽を見ると、つい安全な場所に移してしまいます。 私が移植した2年目、3年目の子どもたち。まだ小さな小さな存在。

 これは前のオーナーが植えたものか、自然に育ったものか。あと何年で、ドングリが実るでしょうか。

 そして、わが家で一番大きなコナラの木。今年は沢山ドングリが実りますように。

 どうか、その実が屋根に落ちる音を聞かせてくれるまで、
  その実が沢山のリスや小鳥を呼んでくれるまで、
   どうか、元気で。

懺悔…


 正直に告白します。
 昨日、私は妻の誕生日を忘れておりました。

 許してね。

これが最後の途中経過です。多分・・・カリコテリウムその11


 さて、いよいよ締切りが近づいてきた「絶滅哺乳類大会」。一応私も主催者のひとりとして、製作状況などを皆様にお伝えしてきました。本当はもう一点くらいは作って大会を盛り上げたかったのですが、すみません、やはりこの2点が限界のようです。

 1/10カリコテリウムと、同じく1/10のエピガウルス。あとは最終的な修正と塗装を残すのみとなりました。今回、初めての試みとして、金属製の小型ヤスリの削り目を、そのまま毛のモールドとしています。短毛の表現としてはなかなか良い感じなのですが、写真では分からないですね。そしてとても細かな凹凸になるので、私のいつもの筆の厚塗りでは、モールドそのものが消えてしまう気も。果たして克服出来るでしょうか?

 その辺りも含め、ここから先は是非、「絶滅哺乳類大会」でお会いしましょう!

 あ、カリコテリウムの木の葉はまだだった。結構難関。

トークと東京と、庭の新緑


ここ数日のことを。

5月9日
 シンガーソングライターの美咲さんのliveにて、少しだけ(10分だけ)、お話をさせて頂きました。その様子は美咲さんのブログによくまとめて頂いているので、こちらをご覧下さい(美咲さん、人任せでスミマセン)。
 ちなみにこの日、夜10時頃麦草峠を越えましたが、すれ違った車1台。出会ったシカ10頭前後。静寂を乱してごめんね。
 尚、このliveについて、多くの方が私にも触れて下さっているのですが、どこからどうなったのでしょうか?私の名前は「藤村」ではないし、勤め先は「木村考古博物館」ではございません(笑)。お気付きの方は訂正していただければと。

-------------------------------------
5月12日
 この日は久しぶりの東京でした。今回は妻と二人、高速バスにて。少し時間はかかりますが、新幹線の半分の金額です。
 さて、東京では、先ず上野の山で優秀な後輩であるS君と待ち合わせ。彼がある陶芸作家の作品を探しており、その作品が私の祖父に渡っていた可能性があったそうなのですが、写真をお見せしたところ、こちらの予想通り、祖父の部屋に残っていたモノは全部該当外。S君、期待に沿えなくてすまない。でも会えて嬉しかったです(それに色々ご配慮ありがとうございました)。
 そしてそのまま国立博物館の「阿修羅展」見てまいりました。平日なのに凄い数の人で一瞬たじろぎましたが、50分並んだ価値はありました。六本の腕の作り出すあの空間、言葉に出来ません。尚、海洋堂製のフィギュアは既に完売とのこと。

 さて次は、母校M大学に向かいます。お茶の水界隈も少しづつ変わっていますね。何より肝心の母校がもう、私の在学中とは全く変わってしまっています。完全にビルです。そう言えば、この下、発掘しましたねぇ。あとタワー最上部の丸いドーム内部は、亡父の最後期の仕事でした。
 そんな感傷はともかく、目的は、私の職場にある遺跡から出土している黒曜石製石器の産地同定の依頼。間を取り持ってくれた優秀な後輩のY君、本当にありがとう。おかげさまで、快く引き受けて頂けました。これでこちらの研究も少しは進展出来そうです。

 そしてその間、別の用事を済ませて神保町の古書店巡りをしていた妻が、私の愛読書、言わずと知れたJ.R.Rトールキン著『指輪物語』の前編にあたる『ホビットの冒険』を見つけてくれていました。かわいいとこあるじゃないの。
 
 いやしかし、今上野まで行って、あの恐竜展見てこない私は、古生物ファンの風上にも置けないやつですね。「絶滅哺乳類大会」締切りまでもうわずか。燃えろ、古生物魂!……魂?

-------------------------------------
5月13日
 わが家の庭。昨年移植した小さなコナラやミズナラが、冬を乗り越えて新芽を出しました。

しまった、学問て忙しい。


 常日頃から「無理をしない」のが私のモットーですが、ここに来て、なにやらまた忙しくなってきました。まぁ正確に言うと「連休中のんびりし過ぎた」ということですが。
 帰宅後も、やるべきことが尽きませんな。ですが、好きでやってる考古学です。気合いを入れる時は入れましょうとも、無理しない程度に。    あれ?

 とりあえず、明日、こんなことをさせて頂きます。お近くの方は是非。
…げ、写真、こんな使い方でしたか(笑)。

 さて、今夜も粘土は封印して頑張りますか。

 しかしなんですね、私、間に合うんですかね、絶滅哺乳類…。

G.W 犬犬スペシャル・その2


 昨日、松本市アルプス公園にて、妻が事務局長を務めるボランティア団体が動物飼育に関する活動を行いました。今回は犬犬を連れて私も参加です。 しかし参加とは言いつつ、実は私は働く皆さんの後で、車のリアハッチを開け、そこで犬犬を抱えながら論文を読みあさるという体制。おや、全然参加じゃないですね。
 ところがナヌークは予想以上に愛想が良く、寄ってくる大勢のお客さんにも、たっぷり愛想を振りまいてくれまして、おかげさまで大人気。いつの間にかに、こんな優しい犬になったんだね。父は嬉しかった。
 あと、かなりの方に「なんていう犬種ですか?」と聞かれたのですが、「雑種です!」と答えるのが、ちょっと快感(笑)。
妻達の活動も、なかなか盛況だったようで、いい一日となりました。
 それからお隣で活動されていた、ツキノワグマの研究者の方々とお知り会いになれたのも嬉しい誤算。現生動物も勉強したいので。

 帰宅後は2人とも爆睡。お疲れ様でした。君たちを引き取って、本当によかった。

 ちなみに、車の中でも結構論文読めました。だから関係者の皆様、決してただサボっていたわけではないのです(言い訳)。

G.W 犬犬スペシャル・その1


 さぁ連休ですね。皆様は如何お過ごしですか?お仕事の方も多いと思いますが(特に同業者の方)。私の方は原稿だの粘土だの庭いじりだの、色々とやっておりますが、本日は犬犬をシャンプーです。


先ずはナヌーク。気配を察知し脅えております。
シャワーされて不機嫌面。う、ちょっと可愛くない。
ようやく開放かと思いきや、仕事から帰宅した妻にチョキチョキカットされてます(妻の「たくましいリアスタイル」はお気になさらず)。


続いてブランカ。
普段は片方だけなので完全に油断していたブランカ。残念今日はおまえもだよ。
乾かす間に何度か脱走。ちゃぶ台の下に隠れてるつもり。「ふぅ、やっと終わったわ。より美人になったわね。パパ、ママ、お疲れ」と、言っているかどうか。

 ということで、2人とも奇麗になりました。この連休中、この子らにはもう一回イベントがある予定です。お楽しみに。

 さて、自分もお風呂。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示