ダメな飼い主


昨日はモルモットのミンミの5歳の誕生日でした。

が、そのことを忘れるほど疲れていました。
心身共に少々しんどい日々です。
時間が出来ても、原稿も書けないし、粘土も触れません。

まぁこんな時もありますね。
とりあえず、よく寝ましょうか。
皆様は「昔の自分と対面するナヌーク」で、おくつろぎ下さい。

芽を出したドングリ


 今年から、少し庭いじりを始めようかと思っています。ただ、わが家はもともと森の中ですから、必要以上に手を加えず、でも居心地が良くて美味しいお茶を飲めるような、そんな場所に出来ればと。
 で、改めて目を凝らして庭を歩いてみると、大好きなコナラの子供たちが意外なほど育っているのに気付きました。その中には、道路周辺の草刈りの時に、かわいそうでそっと移植したものもあったのですが、寒い冬を越え、元気に新芽を広げています。
 ドングリ屋敷に住みたいというのが夢のひとつでした。この子たちが立派に育って、沢山のドングリが実ったら、リスもシカも、いやクマだって、怖い思いをして人里に降りずに済むかも知れません。

 後何年で実を付けるのかな。一緒に頑張ろうね。

遊べる時は遊べ・・・ブラキオサウルスその3


 まぁとにかく、人間生きていると色々ありますが、とりあえず今晩はズバリ、暇。
 ということでブラキオサウルスを進めます。若干ですが四肢の角度を変更し、各部に粘土を盛っていきました。なんとなくアウトラインが見えてきたかな、といったところです。
 問題の肩の位置、首の角度はこんな感じで。

 尚、平行して進めると豪語していた第三紀の哺乳類ですが、意外に資料が集まらず現在保留。今のところブラキオサウルスが楽しいので、しばらくこのままで。
 相変わらず自分の発言に責任持たず、ですね(笑)。

忙しい時はお茶を飲め


 石器の実測図とその原稿を提出し、ホッと一安心しました。もっともこの先にも別の原稿の締切りはあるのですが、それはそれ。第一、原稿依頼があるということは、大変ありがたいことですしね(まあ大抵の場合、お金にはならないのですいが)。
 これで少しは時間が出来る、と思いましたが、明日からはまた別の用事が。「消防団」というものの活動なのですが、6月半ばまで、かなりの時間を拘束されるようです。おまけに今回は体力も消耗しそうで、ちょっと憂鬱ではありますねぇ。

 とにかく時間が欲しい。好きな本を読んで、論文を書いて、粘土で遊んで、犬たちと戯れて、妻と語らって、庭のことも考えたい・・・。
 結局何かをしようとすると、睡眠時間を削るしかないのですが、それをやり過ぎると体調が崩れる。難しいですねぇ。
 とりあえず紅茶でも飲みますか。
 皆様は、妻に甘えるナヌークの写真でお楽しみ下さい。

まだ骨みたいなものですが・・・ブラキオサウルスその2


 いや~、ようやく目処がつきました。石器とその原稿。
 というわけで、早速ブラキオサウルスの続きです。と言ってもこの写真は連休中に作った状態のままのもので、「粘土触らない宣言」は破ってませんでしたよ。

 さて、ブラキオサウルスです。これまでの話で固まってきたところは、首はほぼまっすぐということ。そして問題は肩の位置ということでしたが、個人的にこの類いの恐竜は、やはり高い位置に頭を持っていく方向に進化していたと位置付けています。同じ竜脚類のディプロドクスなどと歯の形が違うのも、地面近くの植物ではなく、高木の葉を食していたということで説明は出来そうですし。但し、言われているように首を垂直方向に伸ばすことは無理ということで(骨の形状・心臓や血圧の問題)、恐竜にしては珍しく長い前脚がこれを可能にしていたと。そんな訳で肩の位置も低くしてみました。少しでも高いところに届くようにと。
 鼻孔の位置はまだ悩んでいますが、とりあえず、しばらくは餌をたっぷり与えて太らせていきましょう。
 そうだ、背中のトゲはどうなんでしょう?いずれにせよ、ちょっと爬虫類っぽくしてみたいと思っています。
(タブリン様、ふらぎ様、タツヤ様、ここまでアドバイスありがとうございました。)

撮影成功。犬の毛を持っていく野鳥


 先日書いた犬の毛を持っていく小鳥たち。こちらからもより積極的アピールしようと、果物の入っていたネットにナヌークの抜け毛を摘めてベランダに吊るしてみました。
 すると、沢山の小鳥たちがやって来てくれました。くちばしで懸命に挟んで、自分の顔くらいの塊を運んでいきます。
 写真に撮れたのはヒガラですね。小さくてカワイイ鳥たちです。

春・・・撤回


 いやぁ、昨日から冷えてはいたんですよね。昼過ぎで外の気温5度切ってましたし。
 でもまさかねぇ、さすがに驚きました。今朝、僅かとはいえ、雪ですよ、雪。
 本日は午後から学会の用事で諏訪に向かいますが、峠はどうなんでしょう?

宣言。粘土には触りません。


 この連休中は、妻と鰻を食べに行き、犬たちをドッグランに連れて行き、近所の喫茶店で美味しい紅茶を飲み、これまた近所の美術館に行き、庭いじりをして、そして恐竜を作り、いや贅沢でのんびりとした休日でした。
 が、のんびりし過ぎました。石器とその原稿、もうすぐ締切りじゃないですか。何故人間は、切羽詰まらないと本気になれないのでしょうか。
 しかし、私も考古学研究者の端くれ。必死になればやれることを証明して見せますよ!って今更なんですが…。
 というわけで、数日間「粘土触らない宣言」。

  尚ドッグランでは、チビのブランカが名前を呼ぶと走って来るのに感動。
  ベランダではナヌークの毛を求めてカラたちが続々集合。
  人間たちは山菜の天ぷらを満喫。

 いや、だから石器!

 というわけで、最近脱走が趣味の、後脚を伸ばすカメコさんの写真をご堪能下さい。
 
 本文と関係なし。

ここにも春


 ベランダにソファーのカバーを干しておいたところ、カラが来て懸命に犬犬の毛を集めていました。
 巣作りの材料にするんでしょうね。

 犬たち、役に立てて良かったね。
 
 春ですねぇ。

ようやくの春



 仕事上で少し落ち込んでいましたが、こちらもようやく春らしくなりました。桜も開花です。
 モルモットのミンミですが、約束のタンポポを食べたせいか体重も戻り、心配していた足も問題なさそう。
 皆で春を楽しみましょう。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示