今度はミヤマクワガタ!



 なんだか昆虫のブログのようになってきましたが、出会いの嬉しさのあまりパチリ。立派なミヤマクワガタでした。

 さて、原稿を一本提出し、多少は時間に余裕が出来そうです。オイカワ、フクロウ、ヨシキリザメ、そしてディノニクス。作っていきますよ!

伝言:ウシくん様


かなり以前ですが、メール頂きありがとうございました。
ただ何度試してもメールの送信が出来ません。
もし差し支え無ければ、ここに書き込みをどうぞ。

螢の似合う花



 また風邪を引きました。仕方なく庭になっていたキイチゴでビタミン補給。
 それはともかく、今年もベランダに螢を見つけました。昨年同様1匹のみでしたが、どこからかはぐれて飛んでくるのでしょうか?まだ明るい時間でしたが、写真、わずかに発光しているの、お分かりになりますか?
 もう1枚の花の写真は、この時期たくさん咲いているホタルブクロというもの。一説には、この花の中に螢を入れてその光を楽しんだのが名前の由来とか。なんだか幻想的ですねぇ。
 

霧の朝


 昨日の写真ですが、霧の朝はなかなかいいものです。
 ところで、今年はあまりリスを見ません。昨年はドングリが不作だったので、まさか数が少ないのでしょうか?そんな単純なものでもないとは思いますが。それとも私に余裕がなくて、彼らの姿に気付かないのでしょうか・・・。
 ということで、晴天だった今日、仕事の後、犬犬と一緒にベランダで沈む夕日を眺めました。こういう時間も必要ですね。

まだデコボコなんです。・・・ヨシキリザメその2


 何だか忙しい。仕事もその他の原稿も、色々立て込んでおります。粘土をいじる暇などなかなかありません。
 それでもちまちまと作業を続け、ヨシキリザメがかたちになってきました。ただ私、フラットで滑らかな表面を作るのが苦手なんですよね。このサメもまだ、不自然な凹凸がいくつもあります。この先、40cmのサメの模型なんて本当に作れるのでしょうか?とにかくもう少し頑張りましょう。
 尚、後に見えるオイカワとともに、エアーブラシ塗装の練習を兼ねて仕上げる予定です。その上で、より複雑な色使いにしようと思うディノニクスに臨みます。

北海道の風


 さて、3泊4日の北海道旅行でしたが、三日目は函館泊。定番の「五稜郭」や各種資料館、そして翌朝にはこの旅の目的の一つ、「土方歳三最期の地」に行ってきました。
 二日目に訪ねた「北海道開拓記念館」とあわせ、地質時代から戊申戦争まで、わずかですがこの土地の歴史に触れる事が出来ました。
 特にこれまで本でしか知らなかった北海道独自の歴史、すなわち続縄文、擦文、オホーツク、そしてアイヌと、北の大地の生んだ豊かな文化を感じられたのが、自分的には大きな収穫でした。今度また行く機会があれば、ゆっくりと遺跡巡りをしたいものです。
 そうそう、古生物の分野では、「北海道開拓記念館」でステラー海牛の化石に触れる事が出来ました。下顎骨、細かったなあ。
 
 それにしても、予想よりも寒かった。特に吹く風は冷たく、「やっぱりこれが北海道か」と勝手に思っていました。しかし最終日の朝、たまたま犬の散歩をしていた老婦人と少し言葉を交わしたところ、私たちが滞在していた間は、この季節にしては寒かったとのこと。でもそれが私にはよかったんでしょう。厳しい寒さの中に生まれた歴史を、少し考えることが出来ました。旅行者の身勝手な思いではありますが。

 また、今回改めて感じたのは、友達の素晴らしさでしょうか。いい仲間を持てて幸せです。みんな、この次まで元気で。
 そして、留守を守っていてくれた新潟のKさん、一日も早く皆さんに笑顔が戻りますように。

少しだけ、手助け


 我が家にいてくれた彼女は、何とか無事に柏崎の自宅に帰れたそうです。少し安心。
そして、彼女が連れてきていた2匹のモルモットは、そのまま我が家で預かることになりました。何かと大変でしょうから。一匹はミンミの姉妹です。早く街が復興して、帰れるといいね。
 それから、窓の巣にいたヒナたちは、どうやら巣立ったもよう。
 きっと、元気で。

帰ってきましたが・・・


とりあえず無事帰ってきました。
いろいろと書くつもりでしたが、台風に続き、この地震。
まずは被災地の方々にお見舞い申し上げます。
しかも詳しくはまた書きますが、留守の間我が家で犬たちの面倒を見ていてくれた女性は柏崎市のひと。決して他人事ではない事態です。

それから、いち早く連絡してくれた方々、ありがとうございました。同じ長野県でも、私の住む辺りは無事ですのでご心配なく。

いいお式でした



今回の旅の本来の目的、友人Aの結婚式に出席。前日一緒だったS家族に加え、同じく学生時代からの友人H夫妻とY君も同席。ちなみにそれぞれ福島、栃木、石川から。みんなよく集まったもんだ。
式は札幌の豊平館という明治13年に建てられた美しい建物で行われました。どうぞ幸せにね。
また珍しく、シャイな私が、初対面のAの友人方とも楽しくお話しできました。皆さんありがとう!
しかし札幌って大都会なんですね!おらぁ驚きました。

なお、北海道開拓記念館という博物館で素晴らしいものを沢山見ることが出来ましたが、それはまたいずれ。

小樽は素敵でした



昨晩は同じ式に出席する福島のS家族と小樽で合流。
美味しい寿司とジンギスカンをいただきますた。すごい組み合わせですが。ちなみに、妻はへべれけ。
小樽の街並みはいい雰囲気で、札幌・小樽間の車窓も良かったです。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示