仮称八ヶ岳縄文文化研究会第0回勉強会、終わる

 仮称八ヶ岳縄文文化研究会第0回勉強会「八ヶ岳周辺の縄文前期後半(主に諸磯式期の様相)」、終わりました。

19642298_1993887777564039_4092854699804496024_n.jpg
(写真撮影提供:芹沢一路氏)

 まずはご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。県内はじめ、山梨、群馬、埼玉、東京、さらには富山からも、計32名もの方々にお出で頂いたことは、企画した側とすれば、大変ありがたいことでした。
 会場及び遺物の見学にもご協力を頂いた、小海町教育委員会にも感謝申し上げます。

19665678_1993891680896982_4315891220207914679_n.jpg
(写真撮影提供:芹沢一路氏)

 しかし、結局全て私のバタバタの進行で、遺物見学の時間も十分取れず、内容についても、準備した資料は話題提供のみであり、各エキスパートの方々には、物足りない内容だったかと思います。
 中には「こんな感じで俯瞰的なテーマが面白い」と言って下さる方もありましたが、「アカデミックでない」という厳しいご批判も頂きました。
 様々な反省の上に立ち、より充実したものを目指したいと思います。

 ていうか、次、あるのかな?

 まぁ、少なくとも、もう3回くらいはやってみたいと思います。次回は少しテーマを絞って、軸のある意見交換が出来るようになれば、とは思うのですが、まぁ私のことですから、まだ分かりません。
 どこまでご期待に添えるか分かりませんが、ご意見ご要望等、どしどしお寄せ下さい。


それでは、次回は秋に、八ヶ岳のどこかで。


追伸 一部誤解があるようですが、あくまで研究の軸足は「八ヶ岳の縄文中期」にあります。諸磯同好会ではありませんので、ご理解の程を(笑)
 

定番のギリギリマン。まだ、明日がある…。

スクリーンショット 2017-06-30 21.59.03

 明後日の勉強会、今、レジュメ作ってますよ、あははー!

 一番の問題は、「仮称」を取るか残すか、ではなく、藤森の準備不足! 皆様、お手柔らかに。
 それでは、くれぐれもお気を付けてお越し下さい。

仮称八ヶ岳縄文文化研究会 第0回勉強会について

 すでにお知らせ済みの上記勉強会ですが、おかげ様でこちらの予想をこえる多くの方から、参加希望の連絡を頂戴しております。ありがとうございます。
 以下の点、ご留意下さい。

◎テーマ 八ヶ岳周辺の縄文前期後半(主に諸磯式期の様相)

◎日 時 7月2日(日)13:30〜16:00頃まで

◎人数を把握する必要がありますので、参加されたい方は、必ず以下にメールを下さい。

◎会場の小海町北牧楽集館(小海町図書館)は、国道141号線から一本西に入った道になりますので、ご確認下さい。JR小海駅からは、徒歩約10分です。
http://www.koumi-town.jp/office/archives/kouminews/post-299.html

◎会場代、資料代、お菓子代等、ひとり1000円程度ご用意下さい。

◎内容については、こちらで話題を提供しますが、参加される方からの、該当時期に関する情報をお持ち頂ければ幸いです。

◎もし資料を用意して頂ける場合は、A4サイズで4枚以下を目安に、資料30部とコピーの領収書(レシート等)をご持参頂くか、該当資料を6月30日(金)までに、データで下記メールにお送り下さい。

◎小海町教育委員会のご理解を頂いて、同町中原遺跡出土の、諸磯b式期の土器や石器も実見させて頂く予定です。通常の展示も見学します。
 
◎とりあえず今回は、終わった後の飲み会はございませんので、ご理解の程を(笑)

 それでは皆様、お気を付けてお越し下さい。

連絡先等
aeg4s@me.com
藤森英二
 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

図書館で見て気に入ったら、買ってね!(露骨)

 立て続けで、拙書『信州の縄文時代が実はすごかったという本』の話題で恐縮ですが、富山県朝日町の学芸員さんが、町の図書館のオススメ本にあげてくれたとのことです。

S__43253814.jpg

 実は本の中では、ヒスイ海岸の写真を提供してもらっています。重ね重ね、ありがとうございました。

 さぁ皆さんも、忖度、忖度〜♡

こう見えても、書いてます!

 拙書『信州の縄文時代が実はすごかったという本』を、「北海道書店ナビ」で、古本とビールの店「アダノンキ」のご店主、石山府子さんが紹介して下さっています。
こちらから
 「王道」ですって。ありがとうございました。

wZ0W8.jpeg

 そして、同じ記事で紹介されている話題のフリーぺーパー『縄文ZINE』。実は最新の6号では、私もしれっと記事?を書いているんですよ!気付いてましたか?あはは〜。

 というわけで、どちらもよろしくお願いいたします。

 さて、下にある書きかけの原稿が…原稿が…
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示