FC2ブログ

300年前の押し花。素晴らしい。

 諏訪市博物館で開かれている、「日本最古!?諏訪で発見された300年前の押し葉・押し花」を見学。
 これ、もちろんモノ自体も貴重で凄いんですが、地域の歴史遺産を見いだし、既存の資料(史料)と知識を駆使し、その科学的、歴史的意味をより深めたスタッフの方々に、最大級の賛辞を贈りたいと思います。

20181007204823406.jpeg 

 我が後輩にして友人の中島透学芸員、素晴らしいものをありがとう!


シンポジウムのお知らせ「縄文の塩II ―製塩土器の型式と技術―」

明治大学の阿部芳郎先生よりお知らせです。

明治大学資源利用史研究クラスター研究成果公開シンポジウム 
(科学研究費挑戦的萌芽研究成果報告会)
縄文の塩II ―製塩土器の型式と技術―
縄文の塩2 シンポジウムポスター 
長年製塩土器を追っていた阿部先生のお話を聴ける、貴重な機会ですね。
それにしても、この時期はイベントが重なり過ぎです!
 

縄文ブームは去った。弥生だ、次は弥生だ!

 実は、下の記事のシンポジウムの前に、伊那市某所で、学生時代からの友人、BB氏と密会しておりました。彼とは、何故だかよくつるんでいましたね。よく考えると、なんでだろう?
 で、実は今年、私の職場である北相木村考古博物館のイベントに、講師として来てもらう事となりました。その打ち合わせだったのですが、なかなか楽しい事になりそうですよ!

ということで、宣伝で恐縮ですが、

10月20日(土)
栃原ROCKフェス2018
「教えて馬場さん 山の弥生人て、なにやってたの?」

20181001214112cf0.jpeg 

 講師は岐阜県下呂市教育委員会の馬場伸一郎さん。佐久の弥生を知り尽くした小山岳夫さんも参戦予定です。
 当日は博物館も無料、東博の縄文展にいた、なぞの縄文人フィギュアも見れますよ!
 
 皆さま是非、お越しください。


 

神子柴の石器は、神々しく、見える。

 台風の影響が出始めていた土曜日、伊那市創造館で行われた、シンポジウム「神子柴系石器群 その存在と影響」、初日のみですが拝聴してきました。どの発表も大変興味深かったです、本当に。発表者の方々も、企画運営の堤隆博士も、本当にお疲れ様でした。

2018100120323591c.jpeg 

 さて神子柴遺跡、この遺跡からはおよそ15,000年前の、磨かれた石斧や、大型で優美な槍先と思われる石器などが見つかっていますが、個人的には、実は密かにこっそり、2008年の報告書刊行の際に、少しだけお手伝いをしております。
 そして、その時も今も、見るたびに溜息のでる石器の数々ですが、現在はこの伊那市創造館の美しく格調高い展示の中で、その姿を見ることが出来ます。
 さらにその出自も遺跡の性格も、発見から60年経った今もなお、謎に包まれているという不思議。
 石器って何?美味しいの?という方も、是非ご覧ください。一見の価値はありますよ。

20181001203236a75.jpeg 

 なお、報告書もこの展示も、堤さんが中心になって進められたお仕事です。なんだか堤さん賛美の記事になりましたが、それだけの魅力と謎を秘めた遺跡、遺物なんですね、神子柴というのは。

土偶もいいけど、石器もね!
 
 

語るチカラ

 立て続けに、考古学のお勉強をしてまいりました。

 まずは、長野県立歴史館で行われた堤隆さんの講演「黒曜石が語る列島の細石器文化」を拝聴。
2018092718375419b.jpeg 
 堤博士、まず雰囲気作りが上手です。いや、内容も含め、さすがでした。
 終了後は、同館にて開催中の企画展「最古の信州ブランド黒曜石-先史社会の石材獲得と流通-」を見学。
 個人的にも思い出多い長和町の星糞峠では、今すごい量の黒曜石原石が見つかっているんですね!是非現地に行かないと。
 

 続きまして、甲府市で開かれた山梨県考古学協会主2018年地域大会「土偶女子こんだあきこ梅ノ木遺跡を語る」を拝聴。
201809271837553d4.jpeg 
 おなじみ譽田さん司会で、佐野隆さん、櫛原功一さん、今福利恵さんが梅ノ木遺跡を中心に縄文を語るという企画。
 譽田さん壺を心得てるし、お三方は経験に裏打ちされた確実なトークで、勉強になりました。

 しかしあれです、最初に紹介した堤さん含め、皆さんこなした現場や見ている資料の数が、私なんかとは違いますね。いやはや、自分の修業不足を痛感しました。薄っぺらだなぁ、自分…。

 ま、それはさておき、甲府の帰り道、なんだか大きなパレードがあって、駐車場にたどり着けないという予想外の出来事が。
20180927183756541.jpeg 
浦安から来たネズミー軍団に、信玄公もさぞお喜びであったかと。

 今週の土曜日は伊那へ。神子柴シンポに行きます!

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示