FC2ブログ

お散歩

 消防星人との戦いも終わり、朝のお散歩再開。
 やっぱり、写らないレンズ「07mountshieldlens」が好きです。ピントも絞りも関係ない、構図と、光と影だけに意識を向けてシャッターを切る。精密な像は結びませんが、これはこれで、いかがでしょうか。

 さて、色々ともう待ったなしですが、明日も猫に邪魔され、いや指導を受けつつ、早起き考古学、頑張ります。

IMGP8417.jpg

IMGP8416.jpg

IMGP8419_20190620230327ca7.jpg

IMGP8414.jpg

IMGP8413.jpg

IMGP8410.jpg

IMGP8409.jpg


おまけ
IMG_5805.jpg
誰!?

もう普通には戻れない禁断の世界。センサーサイズなんか小さくていいの!

 一瞬、妻に内緒でGRIII買おうかと考えましたが、まだQ7で遊べるからいいや。第一、常用レンズが「07 MOUNT SHIELD LENS」と、ヤフオクで入手した中古のDマウントシネレンズ「zunow cine 13mm f1.9」ですからね。センサーサイズも解像度も関係ねぇという(笑)

IMGP7592.jpg 
これが私のQシステムの全貌。なんだかんだでレンズ6本!

IMGP8123.jpg
常用レンズはこの2本。変態か?
ちなみにこの写真は、なぜかやたら寄れる「04 TOY LENS WIDE」で撮影。

で、どんな写真を撮っているかは、また次回!
考古学のお仕事に戻ります。

【以下は、マニアの奥様用・書いたのに忘れらていたメモから】
 奥さん、カメラが趣味のおじさんは、モテますか?
 さて、お散歩やお出かけには、小さい一眼カメラ「PENTAXQ7」に、写らないレンズ「07」を付けるのが私の定番になっています。この不思議なレンズ、ピントの範囲はせいぜい50㎝前後で、手元にあるものを写せばそれなりに写るものの、背景や四隅は盛大にボケるというもの。絞りもピントも固定ですから、頭を使わないので、パシャパシャ撮れますが、当然その分、自由度は低いものです。おまけに、私の場合はカメラ側のカスタムイメージ「銀残し」というフィルター機能を使って、色味を落とし、暗がりに居るかのような写真を好んでいます。
 私の撮りたい対象が、大抵は手に届く範囲の葉っぱだったりコーヒーカップだったりなので、案外これ一本で楽しめるんですね。
 それでもしかし、やっぱり「あの雲を撮りたい」とか「山並みを写したい」という場合は、このレンズではちょと無理。そういう場合、iPhoneで撮って後から加工するのもいいんですが、やはりその場でイメージ通りに撮りたいと思うと、ちょっと違うんですよね。
 で、手元にある「01」という優秀なレンズも使いますが、これは綺麗に写り過ぎる(笑)。因みに02、06ではもうズームがダメで、04はTOYレンズとか言うくせに、案外普通に写るんですよ。
 そんなこんなで試してみたいと思ったのが、オールドレンズ。ちょっと知識を入れ、折角センサーサイズの小さいQ7使っているので、狙うならDマウントかCマウント。でもなるべくお安く入手できる範囲で・・・で、結果的に、ネットオークションでDマウントのシネレンズ「zunow cine 13mm f1.9」をゲット!
 このレンズ、本来は8mmフィルムのシネカメラ用のもので、おそらく多分、40~50年以上前のものだと思われます。多分。違ってたらすみません、でもそのくらい古い。基本金属筐体で、適度な重量感もあり、絞りリングやピントリングの動きもスムーズです。なによりQ7に装着すると、実にカッコいい!
 しかしQ10ならともかく、Q7だとDマウントでもケラれるものもあるとかで、ちょっとドキドキでしたが、出品者さんが書かれていたように、そこは大丈夫でした。ただこの個体では、F11と18ではシミのようなものが写ってしまうこと、あとこれは原因はまだよく分かりませんが、絞り開放よりだと、黄色いノイズ?のようなものが写り込んでしまうことがあります。どうも白い背景だとその現象が多いような感じです。ですので、結果的にF5.6か8くらいがいい塩梅かな。ただ、開放(F1.8)で発生する、ぐるぐるボケも捨てがたいのですよ。
 ということで、やっぱりカメラは楽しいですね。モテないけど。
 

世界は、少しぼんやりしてた方がいい

 いつの間にか、私のメインウエポンとなったPENTAXQ7+07 MOUNT SHIELD LENS。例のちゃんと撮れないレンズですね。 






例えば、こんな写真が撮れます。 

  まぁとにかく、この写らない具合を楽しむのが正しいのです。しかしこのレンズ、ピントは1m前後ではそれなりに合いますが、遠景はもう全く撮れません。いくらなんでも撮れなさ過ぎなんですね。 もちろんレンズを交換すれば、遠景だってなんだって綺麗に撮れるのですが、いや違う、綺麗に写っちゃダメ!ちょっとだけぼんやりした風景が撮りたいんだよぅ。 
 さて、そのためにはどうするか? 悩んだ私はついに、禁断の扉を開けてしまったのです。許せ、妻よ。 

 続く…。

霧の中の家

 ここ数日、毎朝夕、濃い霧に包まれているわが家です。
 今朝はなんとなく、PENTAX K200Dで撮影。最近はどうも映らないレンズ(PENTAXQ 07mountshieldlens)ばかり使っていますが、いかん、写真の撮り方忘れそうになってきてます(笑)。

IMGP7412.jpg 
(画像をクリックすると、大きくなりますよ)


緑のしずく

 昼下がり、ベランダから外を見ると、樹々の新芽がキラキラと輝いていました。キラキラと言えば、私にとっては、玉ボケのチャンス!
 というわけで、オールドレンズ「SMC PENTAX 50mm F1.4」で撮影。F値開放で、見事に玉ボケ発生!

IMGP6104.jpg

↑ブログに載せる関係で多少画質は落ちていますが、クリックして見て下さいね。

 さて、明日は東京。皆様、よしなに。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示