【第78回 A.E.G総選挙開票速報】

アナウンサー:番組の途中ですが、速報です。
       どうやら結果が出ました。A.E.G総選挙の結果が出たようです。

スクリーンショット

       やはり大方の予想通り、本人であるウルフが、1位にはなり得ませんでしたね。

解説員:そうですね。その点については、これまでのウルフ氏の言動が、
    有権者に支持されなかったということでしょう。
    今後の彼の活動に、影響がないとは言えません。

アナ:また、投票率の低さも問題ですね。

解説:はい。有権者数589のうち、有効投票数が10です。いかに世間の関心が無いかが
   如実に現れました。
   やはり、ウルフ氏の求心力の低下は否めないということでしょう。

アナ:なるほど。また気になる今後ですが、ウルフ氏は、再びこの投票制度を使うでしょうか?

解説:えぇおそらく、前回の予想通り、今回AEG総選挙を行ったことからも、
   今後もは可能性が高いと思われます。

アナ:分かりました。以上、速報でした。

講師と伝票・教えてエライ人

 おかげ様で、年に数回、講師として様々な場所で、主に縄文時代や考古学についてのお話しをさせて頂いています。ありがたいことです。

 で、思います。

 会場に着くと、わざわざ専用の駐車スペースを用意してもらい、玄関には「藤森先生」なんて書いてあって、中ではお茶を出してもらい、「先生、先生」と呼ばれ、講演が終われば、拍手とお礼。帰りも「荷物お持ちします」なんて言われてお見送りされて・・・。
 もちろんこれは、向こうの好意なのですが、こういうことばかりを繰り返していたら「なんか、俺、エライんじゃね?」って思ってしまいそうです。
 もちろん本当の人格者は、それでも傲り高ぶることなく過ごすのでしょうが、私のような人間だと、いつの間にか「俺様はエライんだよ、忖度しろ!」ってなるんだと思います。どこかの「エライ方々」も、そうなんじゃないかな?
 ただ良くしたもので、私の場合は、職場に戻れば、早く伝票切れと責付かれて、桁間違えて怒られて、忘れ物して笑われて、「お前が講師とかウケる」とdisられる、むしろそっちが日常です。
 でもそう、それくらいでいいんでしょうね。「俺はエライ」と勘違いしたら、堕落が始まる気がします。

 自信と驕りは全く違う。謙虚と卑屈も違う。深い自信に裏打ちされた謙虚な人間に近づきたいものです。勇ましい言葉ばかりを並べたり、自分はまるで特権階級のように振る舞う、「エライ方々」とは違ってね。

スリープモードの誘惑

IMGP5867_201706042209522eb.jpg

 どうも体調がイマイチ。後ろのドロイドよろしくスリープモードに…。

 あ、7日に、佐久市高齢者大学で講師を務めさせて頂きます。レジュメ提出が明日まで!
 スリープモード、解除…。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

父の教え?

IMG_0727.jpg

 いやぁ奥さん、昨晩というか今日未明、やっちまいました。少し端折りますが、作っていた土器の図版のファイルの、半分近くがドボーンしてガビーンとなってウワーンと泣きました。パソコンて怖いですね。
 
 しかし、こんな時に、私は必ず思い出すのです。その昔、まだパソコンという言葉はなく、それがマイコンと呼ばれていた時代。子供たちは、雑誌に掲載されているBASIC言語などのプログラムを懸命に打ち込み、カセットテープにそれを保存し、ゲームなど様々なソフトを楽しんだのです。
 そんなある日、少年エイジは、どうしてもゲームがしたくて、長い長いプログラムを、頑張って入力し、バグ(タイプミスなど)も処理して、プログラムを実行して正しく走ることを確認。早速カセットテープにセーブ(保存)しようとしたところで、何かのミスで、打ち込んだプログラムを全て失いました。
 泣きました。うわんうわん声を出して泣きました。
 すると今は亡き父がやって来て、「うるさい、泣くな!」と怒られると思いきや、こんなことを静かに語りました。
「お父さんも、仕事で失敗して、全部駄目にした事が色々ある。駄目だったものは仕方ない。もう一度頑張ればいい」

   お、お父さん!(号泣)

 だから今回も、辛いけど、も一度作ります!ていうか、こんなこと書いてる暇あったら、作業しろ?尚、写真は作りかけのプラモデルのドロイドたち。関係ない? だって、コンピュータの話題じゃん!

私は詩人、妻は私人、

雨の朝

IMGP5818_20170526072739ace.jpg
花壇の下に眠るモルモット達に、大好きだったスギナとタンポポをプレゼント。

IMGP5819.jpg
今年は咲いたライラック。雨に濡れて、少し下を向いています。


人生なんて、このくらい静かでいいのにね。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示