私も出ます? シンポジウム『縄文早期における資源利用と社会』のお知らせ

例によって、明治大学のAB先生からのお知らせです。

黒耀石研究センター・資源利用史研究クラスター共催シンポジウム 
国史跡が拓く縄文の世界Ⅱ『縄文早期における資源利用と社会』
 テーマ「海と山の1万年~縄文早期の生業と社会~」 
 期日:2017年10月29日(日)9:30受付開始 10:00開演 17:00終了 
場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント1F グローバルホール 
参加方法:先着順100名(事前の受付予約はしません) 
参加費:無料、無償配布資料あり。一般参加も歓迎します。 
問合せ先:明治大学資源利用史研究クラスター  電話03-3296-1873 
●記念講演「晩氷期と完新世初頭の間:オーストリア・チロル地方とその周辺地域の景観と考古学」  D.シェーファー(オーストリア・インスブルック大学教授) 
●発表1「縄文早期の生業と社会をどう考えるか」阿部芳郎(明治大学黒耀石研究センター長)
●発表2「長野県栃原岩陰遺跡の調査」藤森英二(北相木村教育委員会) 
●発表3「千葉県取掛西貝塚の調査」 石坂雅樹(船橋市教育委員会) 
●発表4「動物遺体からみた海と山の生業」樋泉岳二(明治大学黒耀石研究センター員)利渉幾多郎(名古屋市立向陽高等学校) 
●発表5「植物遺体からみた海と山の生業」佐々木由香(明治大学黒耀石研究センター員) 
●発表6「安定同位体を用いた古食性の特質」米田 穣(明治大学黒耀石研究センター員)

ポスター

皆様ぜひ・・・今、その発表要旨の原稿を・・・ゲフン・・・

休む時は粘土・・・マンモスその11

 何かと気ぜわしく、やるべきこともたくさんありますが、夜は少しだけ、趣味の粘土細工です。まぁあれです、お酒好きな人の晩酌みたいなもんです。多分。

 さて、マンモスはアウトラインがほぼ固まって、人間にも手を加えつつあります。

IMGP6288.jpg

IMGP6286.jpg
仲良く並んでもらいました。現実には難しかったでしょうねぇ。

IMG_1844_20171009232659ec3.jpg
 しかしこの大きさですから、「どこそこのどの時代だから、こんな顔を再現」とかは、私には無理ですね、技術的に。
 素直にタミヤのキットでも改造すればよかったかなぁ。スケール1/35だしなぁ。

少しだけ秋

 お散歩が気持いい季節です。

IMGP6254.jpg

IMGP6180.jpg

IMGP6241.jpg

IMGP6239.jpg

IMGP6228.jpg

なお、全て、へんてこレンズ「07mountshieldlens」で撮影しています。

さて、今日からちょっとお出かけ。千葉ってどこだ?

なんだかんだ好きな場所 尖石

久しぶりに、尖石に行きまして。

IMGP62511.jpg 
守矢館長の新刊(写真右)、現地で購入いたしました。
拙書(写真左)とか論文とか、全然見当違いのこと書いてしまってないかと心配で、読むのが少し怖いのですが、勉強します。

ちなみに拙書の縄文人形写真も、例の『トランヴェール』のやらせポーズ写真も、尖石で撮らせて頂きました。蛇体把手土器もここから。いつもありがとうございます。
YS学芸員、また遊ぼうね。

猫は、助けてくれる

藤森栄一と戸沢充則。なんて難儀な課題を与えられたんだ。明日までって…。

IMG_1777_201709290648462c6.jpg 
二人とも、書き過ぎだし、書かれず過ぎ!

IMG_1778.jpg 
で、困っていたら、猫のイコロが書いてくれました。
「想像に難くないhjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj」

IMG_1780.jpg 
「猫の手は、あります!」

 なお、私の叔母(藤森栄一の末娘)は、「お父ちゃんの一番言いたかったことは、猫を可愛がれってことなのよ、そうなのよ」と語っていました。
 関係者の皆様、どうもそういうことらしいです。

書き溜めていた三部作 その3「岩陰遺跡と、巨大なダム」

 IMGP6141.jpg

 某月某日、群馬県吾妻郡長野原町にある「居家以岩陰遺跡」の見学をさせて頂きました。國學院大大学による調査になります。縄文早期の人骨の出土状況を見ることが出来ました。栃原岩陰遺跡もこんな感じだったのかな。お忙しい中対応して頂き、ありがとうございました。

 なお、この居家以岩陰遺跡については、私の職場のイベントである「栃原岩陰遺跡フェスティバル2017」で、國學院大学の谷口康浩先生からご説明頂きます。


 この日の午後は、大学の先輩であるTさんが、町内の各所を案内してくれました。縄文時代を中心に遺物を見せて頂き、その造形美も味わったのですが、T先輩たった1人で、これだけの仕事(もちろん考古の仕事のみではない)をこなしてきたんだなと、今更ながら尊敬の念を抱かずにはいられませんでした。


 さてこの長野原町、ご承知の方も多いかと思いますが、あの八ッ場ダム建設の舞台です。私自身は、20年ぶりにこの渓谷を訪れて、以前は今ひとつイメージの湧かなかったダムと、そこに沈む街のイメージが、鮮明に迫ってきました。

 新しい住宅地、頑強な橋、広い道路。建設中の巨大なダム本体。そのためのコンクリート製造設備。さらに山の向こうからその材料を運ぶ長大なベルトコンベアー…。そのスケールの大きさに圧倒されました。


IMGP6155.jpg

 写真中央が建設中のダム本体。左側崖上の施設で、コンクリートをつくっているそうです。またこの直下には、有望な岩陰遺跡があります。


 なおこの日は、勤めて以来初めて、自ら選んだ場所、遺跡を、公務として視察させて頂きました。諸々、感謝申し上げます。


書き溜めていた三部作 その2「八島で試される器の大きさ。オカリーナ吹けますか?」

 某月某日、久しぶりに妻と高原ドライブ。まぁ、自宅も高原なんですが。

 国道299号線を登り麦草峠を越え、蓼科山を仰ぎ見ながら、霧ヶ峰方面へ。八島湿原で車を停め、いつもの湿原一周コースです。


IMGP6797.jpg 

「今回は、雄大な景色を撮るぜ!」と思い、普段使わないやや広角側のズームレンズを持っていきましたが(上の写真とか)、やっぱり途中で、いつものDA35mmF2.8 Macro Limitedに交換。どんなに雄大な景色の前でも、結局小さいものを写したがるという、なんだか人間の器の大きさを示していますね。あでもこのレンズ、接写も出来る標準レンズっていう感じで、とても使い勝手がいいんですよ。


IMGP6821.jpg 


IMGP6822.jpg


IMGP6813.jpg


IMGP6809.jpg


IMGP6831.jpg 



そして、散策コースの途中にある喫茶店で、こんな本を発見。


IMGP6819.jpg 

 祖父藤森栄一の著作。新田次郎の『霧の子孫たち』と並んでいました。ここを訪れる方にこそ、読んで欲しいですね。

 ちなみにこの本の中に、「遺跡を見、民家を見、人々の顔をのぞき、話しかけ、きれいな女がいれば少しついて行き、それから、土器や石器を見るべきである。」という一節があります。私と亡くなったOG先輩は、自己を正当化するのによく使っていましたっけね。まぁその程度が、私の器ということでしょうか。おじいちゃん、ごめんなさい。

《オマケその1》 IMG_1640.jpg

iPhone7のパノラマ撮影機能で。やるなiPhone。


《オマケその2》

IMG_1641.jpg 

これも重要。旅に出たらソフトクリーム!



物欲の秋

 あぁ原稿は捗らないし、どうも体調イマイチだし、iMacの調子も悪いし、なんかあれですね、こんな夜は、そろそろ新しいMacとかiPadとかカメラとかレンズとか、あと古い古〜いレンズとか欲しくなりますね。

IMG_1736.jpg
 
秋ですしねぇ…。   

魔法使い現る! 犬と似るとは、これいかに。

 ブランカが世を去って二ヶ月が過ぎました。まだまだ、淋しくなります。

IMG_1354_2017091819253731d.jpg 
 ごめんねイコロ、そこにお姉ちゃんいたのにね。

 実は、その後イコロもナヌークも少し体調を崩し、「一緒にいた犬が居なくなった後、すぐに別の犬も…」、なんて話を聞くこともあったので、もしこのままナヌークやイコロまで…なんて心配もしましたが、今は二人とも元気です。

IMG_1571.jpg 

IMG_1572.jpg
なんだか、以前より仲良く過ごしている感じです。
 
 ところで先日、ナヌークと散歩していると、外国(多分カナダ人、推定60歳)の男性が近づいてきて、日本語で「おぉ、可愛い。触っていいい?犬は好きな人分かるね。何歳?13! Oh、信じられない!遠くから歩くの見てたけど、とっても若々しい。チューしたい!」と、立て続けに話していました。
 あの方(顎髭あり。もしかしたらオーストラリア人)、ひょっとしたら魔法使いか何かで、ナヌークに「元気で過ごす魔法」かけてくれたりしなかったかな?

IMGP6666.jpg 
これからも、楽しく暮らそうね。

 犬猫話題でもう一つ。この間ある方に、私とブランカが似ていると言われました。い、犬と似ている?でも実は、そう言われたのは、4人目(笑)。
 まぁ、親子ですしね。

風はどこから吹くか・・・マンモスその10

IMGP6882.jpg

 進捗状況。まだなんというか、デッサンみたいな感じですが。なんとなく言われてみれば薄々、画面左から吹く風が・・・見えませんね、はい。


《オマケ》
IMGP6877.jpg
「やっべ、マンモスいる!」
シムラ、後ろ後ろ!
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示