FC2ブログ

秋は、淋しいに決まってる。

 発表のレジメ作ってます。が、これって完全に公務じゃね?まぁいいか。

 それはともかく、八ヶ岳は初冠雪で、もう冬の気配が迫ってきました。ここに住んで以来、ナヌークもブランカもいない初めての秋。朝の散歩は、PENTAX Q7と、不思議なレンズ07mountshieldlensをぶら下げて、すこし悲しげな色に染まります。

IMGP7249.jpg 

IMGP7071.jpg

IMGP7164.jpg

IMGP7230.jpg

IMGP7236.jpg

IMGP7237.jpg 

iMac、治りました。

 八ヶ岳に雪が降ったとか降らないとか。もうそんな季節ですね。

 さて、先月突然モニタに不具合があり修理に出した自宅のiMac2017。一度ロジックボードの交換をして帰ってきたものの、今度は作業中に固り動かなくなるという事態に。Appleの親切な指導でOSの再インストールなどを試すもダメ。
 結局交換したロジックボードの不具合も疑われたため、再入院。そして、ちょっと問答のあと、ロジックボードをもう一度交換し、HD(SDD)は初期化され、まっさらになって帰ってきましたよ。
 Time Machineでバックアップが取ってあるので、そのまま元の状態を復元することも出来たのですが、いい機会なので過去の負の遺産を一層すべく、アプリケーションの類は全て再インストール、その他データは手動で写し、ほぼほぼ復旧が完了しました。
 結局ほぼ1ヶ月、別の端末でだましだましやってきましたが、やっぱりiMac、アナタが好きよ♡

IMGP7486.jpg 
皆様は、色づく前の最後の緑でお楽しみください。庭のコナラ。今年はドングリが豊作でした。

シャチに会いたい男~後編

 という訳で、前回の続き。覚えてますか奥さん、シャチのお話でですよ。忘れた方は、こちら
 で、まだ暑さの残る某月某日、電車とバスを乗り継いで、千葉県の鴨川シーワールドへ向かいました。

2018101314253370f.jpeg 

 目の前のホテルに一泊し、美味しい食事を頂いて、翌朝は開園と同時に入館。もうはやる気持ちを抑え切らず、シャチプールに一直線。 

20181013142531a26.jpeg 2018101314252891a.jpeg

 あ、いた、居ました、シャチが泳いでる。それだけで、ちょっと泣きそうになりました。

20181013142524aa9.jpeg 
20181013142523a9c.jpeg

 その後には、シャチのショーを見学。ちょうど夏の期間で、ショーの途中でシャチがザバァーッと水をかけるということで、係員の方が注意を強く促していました。カッパやタオルも売っていました。ちょっとオーバーじゃね?と思っていたのですが・・・
 いやいやいやいや奥さん、これがもう、本当にビショビショです、もう笑うしかないレベルですよ。 実際にシャチが尻尾でバシャバシャ水をかけてくるんですが、すでに海水浴状態です。
 以下は私の勝手な解釈ですが、あれ、ちゃんと場所選んでる感じですね。カッパを着てる人が多いエリアに、より思っ切りかけてる気がします。もちろんトレーナーの方が選んで指示しているのでしょうが、シャチの奴らも絶対喜んでやってますね。ビショビショになってはしゃいでる子どもとか、完全に狙い撃ちしてましたし。 違ったらすいませんけど。 とにかく、もういい歳して、大笑いしました。 カッパ買ってよかった。

 それはともかく、彼らの泳いでるその姿は、力強く、それでいて優美で、本当に魅了されます。彼らを飼育すること自体の問題も言われますが、どうか、いつまでも元気で。そして、シャチが泳ぎ続ける海でありますように。


20181013142525079.jpeg
ちなみに妻は、コウイカと会話、らしい…。


最後に、40数年前と同じ場所で
20181013142527d62.jpeg 

亡き父へ 
 あの時、ここに連れてきてくれて、ありがとうございました。その時のあなたと違い、私には娘も息子も居ませんが、妻と、たくさんの友人に恵まれ、まぁまぁ楽しくやっていますので、どうか心配されませんように。 だから、葬儀で位牌や遺骨を置いて帰りそうになったこと、許してね。

300年前の押し花。素晴らしい。

 諏訪市博物館で開かれている、「日本最古!?諏訪で発見された300年前の押し葉・押し花」を見学。
 これ、もちろんモノ自体も貴重で凄いんですが、地域の歴史遺産を見いだし、既存の資料(史料)と知識を駆使し、その科学的、歴史的意味をより深めたスタッフの方々に、最大級の賛辞を贈りたいと思います。

20181007204823406.jpeg 

 我が後輩にして友人の中島透学芸員、素晴らしいものをありがとう!


ほらやっぱり! 私の要望をAppleが聞き入れた?

 奥さんお覚えていますか?iPadのワープロソフトPagesで発生していた問題。覚えてませんね知ってます。
 今年の4月8日の投稿にも書きましたが、要するに、Pagesのアップデートにより、Apple Pencilによる手書きの描写ツールが使えるようになった代わりに、画面のスクロールやカーソルの移動が出来なくなってしまったのです。私はその時既に、「次のバージョンアップでこの設定のONとOFFを付けるべき」と訴えていましたが、それまでの繋ぎとして、タッチペンをつかったり、つい先日もApple Pencilを普通のタッチペンとしても使えるようにするナイスな製品を試したりしていました↓
20181002205344ef4.jpeg 

 しかしてついに、Appleは私の主張を全面的に認め(た訳ではないでしょうが)、Pagesのバージョンアップで、こんな設定を設けてきましたね↓

2018100220534382e.jpeg 

 フッ、時代が俺に追いついたか。あーでもApple Pencilで叩いて文字入力するとカツカツと音がうるさいし、上の製品はオススメですよ。電池切れないし。

 ところで奥さん、自宅のiMac、実は現在2回目の入院中なんですよ。早く帰って来ないかなぁ。

シンポジウムのお知らせ「縄文の塩II ―製塩土器の型式と技術―」

明治大学の阿部芳郎先生よりお知らせです。

明治大学資源利用史研究クラスター研究成果公開シンポジウム 
(科学研究費挑戦的萌芽研究成果報告会)
縄文の塩II ―製塩土器の型式と技術―
縄文の塩2 シンポジウムポスター 
長年製塩土器を追っていた阿部先生のお話を聴ける、貴重な機会ですね。
それにしても、この時期はイベントが重なり過ぎです!
 

「八ヶ岳縄文文化研究会 第2回勉強会」のお知らせ

まさかの考古ネタ連発ですが、勉強会のお知らせです。

八ヶ岳縄文文化研究会  第2回勉強会

テーマ 八ヶ岳周辺の縄文文化理解のために その2
日 時 11月18日(日)13:00~16:00頃まで
場 所 諏訪市博館
見 学 すわ大昔情報センターの見学
    諏訪市荒神山遺跡資料の閲覧
    (諏訪市博物館見学の場合は、入館料が必要です)
事例発表 原村教育委員会 佐々木潤さんによる黒曜石石器についての発表
    (追加の可能性もあり)
参加費  お茶お菓子代、コピー代等、500円程度(予定)
     諏訪市博物館の入館料
その他 事前に人数を把握したいので、参加希望の方は、必ず藤森宛にメールを
    お出し下さい。→ aeg4s@me.com
 
沢山の方のご参加を、お待ちしております。

八ヶ岳縄文文化研究会
事務局  藤 森  英 二

縄文ブームは去った。弥生だ、次は弥生だ!

 実は、下の記事のシンポジウムの前に、伊那市某所で、学生時代からの友人、BB氏と密会しておりました。彼とは、何故だかよくつるんでいましたね。よく考えると、なんでだろう?
 で、実は今年、私の職場である北相木村考古博物館のイベントに、講師として来てもらう事となりました。その打ち合わせだったのですが、なかなか楽しい事になりそうですよ!

ということで、宣伝で恐縮ですが、

10月20日(土)
栃原ROCKフェス2018
「教えて馬場さん 山の弥生人て、なにやってたの?」

20181001214112cf0.jpeg 

 講師は岐阜県下呂市教育委員会の馬場伸一郎さん。佐久の弥生を知り尽くした小山岳夫さんも参戦予定です。
 当日は博物館も無料、東博の縄文展にいた、なぞの縄文人フィギュアも見れますよ!
 
 皆さま是非、お越しください。


 

神子柴の石器は、神々しく、見える。

 台風の影響が出始めていた土曜日、伊那市創造館で行われた、シンポジウム「神子柴系石器群 その存在と影響」、初日のみですが拝聴してきました。どの発表も大変興味深かったです、本当に。発表者の方々も、企画運営の堤隆博士も、本当にお疲れ様でした。

2018100120323591c.jpeg 

 さて神子柴遺跡、この遺跡からはおよそ15,000年前の、磨かれた石斧や、大型で優美な槍先と思われる石器などが見つかっていますが、個人的には、実は密かにこっそり、2008年の報告書刊行の際に、少しだけお手伝いをしております。
 そして、その時も今も、見るたびに溜息のでる石器の数々ですが、現在はこの伊那市創造館の美しく格調高い展示の中で、その姿を見ることが出来ます。
 さらにその出自も遺跡の性格も、発見から60年経った今もなお、謎に包まれているという不思議。
 石器って何?美味しいの?という方も、是非ご覧ください。一見の価値はありますよ。

20181001203236a75.jpeg 

 なお、報告書もこの展示も、堤さんが中心になって進められたお仕事です。なんだか堤さん賛美の記事になりましたが、それだけの魅力と謎を秘めた遺跡、遺物なんですね、神子柴というのは。

土偶もいいけど、石器もね!
 
 

南極に向かう男その4 涙のスクリュー物語~後編


IMGP7425.jpg 

 さて、少し間が空いてしまいましたが、後編です。
 前回記したように、バンダイ製宗谷購入から2年半が経ちましたが、この間、私なりに色々な事がありました。本を書いたり、土器と格闘したり、その他、楽しいことも辛いこともありました。しかし一番の出来事は、やはり愛しいナヌークとブランカがこの世を去ってしまったことです。今でも悲しみは癒えません。
 そんな中、「宗谷のスクリューは、落ち着いたら、ひと段落したら、余裕が出来たら」と言っているうちに、いつの間にか時間が経っていた、そんな印象です。当然今も色々抱えているわけですが、某所の報告書や東博の展示が終わったという区切りとして、「今やれば気持ちがいいだろうな」という気分になり、このタイミングとなりました。

 実際の製作は、まずはネットで資料を漁り、手元のハセガワのプラモデルを参考にしつつイメージを頭の中に描いておきます。精度を考えれば、何かのキットから流用という手もあるのでしょうが、それだとそのキットも報われないし、下手でも作った方が愛着湧きますしね。ていうか、図面くらい書け(笑)。

IMG_3917.jpg 

 ということで、図面は無いまま、プラ板とファンド(石粉粘土)という、私的には慣れ親しんだ素材で、いきなり適当に作ります。基本的には、ファンドでコーン(でいいのかな?真ん中の部分)を作り、プラ板から切り出した羽を接着し、全体にヤスリをかけて仕上げていきます。
 一応、息を吹きかけると、回転しますよ(笑)。

IMG_3918.jpg 

 さて塗装の段になって、気付いたのですが、ゴールドマンは好きだけど、ゴールドの塗料が手元に無いことが判明。仕上げは後日かと諦めかけた時、ガンダムマーカーの金色を引出しの隅っこから発見。ついてるぜ!

IMG_3928.jpg

 で、これを小皿に出して筆で塗って、適当にウェザリングして、あとは宗谷の軸に差し込めば完成!結局、半日もかからずに完成しちゃって、この2年半はなんだっとのかと自問自答しましたけどね。

 まぁとにかく、これで我が宗谷も、南極への冒険に出航出来ますね。早速、南極探検ごっこ。

IMGP7428.jpg 

IMGP7431.jpg

IMGP7433_2018093008385072e.jpg

IMGP7453_20180930083853f44.jpg

46歳だけど、楽しい。


 さて、このセットの中に、何匹か犬のフィギュアが入っていますが、黒と茶色はたくさんで、どうやら白いのは、2匹だけでした。

IMGP7446.jpg 
ナヌークとブランカかな。エイジ隊長と記念撮影。

 
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示