fc2ブログ

諏訪国は、現在独立してませんからね

 先日、諏訪市の公民館で講演を行いました。内容はまぁ、拙書信州の縄文時代がなんちゃらの要約+今思っている縄文時代の研究とは?みたいなものです。
 諏訪地域で諏訪地方(八ヶ岳西南麓)の縄文(あるいは「井戸尻文化」といってもいい、かな)の話をせよというのは、諏訪の人間でない自分にはやっぱりやりにくいものがあります。研究者大勢いますしね、諏訪には。ま、本まで書いておいて、今更なんですが。

 ただ今回は、ちょっと意外な出来事が。私の母は結婚まで主に諏訪で暮らしていたし、私もしょっちゅう母の実家に行っていたので、それなりに馴染みはあるのですが、講演終了後、母の小学校の同級生という方から挨拶を受けました。さらに、母の実家そばにあって、私もよく買い物に行っていた川魚料理のお店から、ワカサギの佃煮を頂いてしまいました。
「お母さんはお元気?おばさんは残念だったわね。あなたも立派になって、いつか諏訪に住まないの?」などと言われ、懐かしさと、照れ臭さと、色々と。

 まぁ半分は諏訪の人の血ですからねぇ。あ、でももう半分は東京なんだからね!
 今は佐久の人(のつもり)ですけどね。

IMG_3665.jpeg
ワカサギ、懐かしい味でした。感謝。

車輪

 本当に久しぶりに、東京方面に。
 実家では家族の顔を見てきました。コロナ禍のまま大学に入学にした姪も2年生になって、ようやく対面での授業も増えたようです。バイトもしながら、夜遅くまで課題を作ったり、レポートをまとめたりしてました。もうパソコン(うちが入学祝いにプレゼントしたMacBook!オレオレ!)を使ってサラサラ作って、情報もスマホで仕入れて、そのまま先生に送信。いやぁ、時代は変わってるんですね。

 さて、考古学的には、今回は早稲田大学 會津八一記念博物館の「企画展 山内清男コレクション受贈記念 山内清男の考古学」と、江戸東京博物館の特別展「縄文2021―東京に生きた縄文人―」を見学。が、長くなるので、割愛(笑)。

 そして、思い出深い土地にも足を運びました。すでに30年近く前ですが、私は学生時代の4年間、東京都東久留米市で、発掘や遺物の整理作業をさせてもらっていました。今回は、現在東京都で遺跡の調査をしている友人達(以前私の職場の仕事を助けてくれた後輩諸氏)が頑張っている、同市の遺跡の見学に行ったのです。
 ただその前に、どうしても行きたい場所が。当時私たちは、二階建てのプレハブで、市内出土遺物の整理作業を行っていました。今は駅前から真っ直ぐで大きな道が出来ているのですが、あえてそこは通らず、当時のまま反対の降り口から踏切を渡り、大回りする懐かしい道を選び、その場所を目指しました。

IMG_3534_202111132155581aa.jpg
 冬の夕方、踏切開かないと、寒かったな。

IMG_3539_20211113215557253.jpg
 店はだいぶ変わっていましたが、道はそのまま。実は今でも夢に出てくる道。

 そして、記憶のままに進み、大きな図書館の脇にあった建物跡地に、と思ったら、あれ? まだあった!

IMG_3544_20211113215555662.jpg

 事前に誰かに聞いておけば良かったんですが、てっきりもう無くなったと思い込んでいたので、ほんとに声が出ました。壁はきれいになっていましたが、外にある階段はそのままで、もうあの時のまま、階段を登る誰かの足音が聞こえてくるようでした。

 これまで、考古学を通じてたくさんの大切な出会いがありましたが、その基盤の一つが、間違いなくこの場所です。本当に色々なことを教わりました。
 中でも覚えていることのひとつに、私が入りたての頃、土器の拓本がうまく出来ず、生意気にも「お金をもらうのが申し訳ない、無給でやらせてください」と言った時に、市に勤める大先輩が「ちっとも無駄だと思わない。人を育てるのも大切なことだから」という意味の、とても優しい言葉をかけて下さったことがあります。それ以来、自分もそんな先輩になりたいと思ってきました。

 あれから30年近く、私は何が出来たでしょうか。

 さて、その後は件の遺跡に。歓迎してくれる友人達は、熱心に遺跡や調査の状況を説明してくれました。私のような立場にいると、「都の調査なんて、人もお金もいくらでもあるんじゃね?」なんて思ってしまいますが、どこにもやはり苦労があって、でもその中で知恵を働かせ着実に仕事を進める彼ら。私のところで拓本してくれていた頃の何倍もたくましく、おじさんは嬉しかったです。
 考古学も、まだまだ大丈夫。

IMG_3550.jpeg

移り行く時代と、思い出と、どちらも大切にしながら、生きていきたいですね。


や!よい、こーふん、なら、Hey!ちゅうSay!

 つまりですね「弥生、古墳、奈良、平安、中世なんて、書けないぜ」ということです。なんというか、短い文量での端折りどころが掴めないんですね。要するに勉強してない証拠なんですが、まぁ楽しい明日を夢見て頑張ります。

yjk.png

 きっとあれだよな、egword Universal 2がiPadで使えたら、今の3倍のスピードで書けるに違いないよな。

拙書『信州の縄文時代が実はすごかったという本』第5刷

IMG_3448.jpeg

 大変ありがたいことに、拙書『信州の縄文時代が実はすごかったという本』、重版とあいなり、第5刷が手元に届きました。
 本当に嬉しく、また力を貸して頂いた方々、手に取って読んで下さった方々に、感謝しかありません。
 初版から5年も経つといささか古い箇所も目立ちますが、一度世に出した本ですし、それも含めて読んでいただければ幸いです。
 今後とも、よろしくお願いいたします。

2021年10月30日 藤森英二

完全に向いてないのう(脳)

 必要に迫られて、何年か前に出された某村誌の某時代の部分を読んでいて、なんか見覚えがあるなぁと思って著者をみたら、書いてたの自分でびっくりした。
 そのくせ、30年以上前に作ったトリケラトプスの首関節に仕込んだボールジョイントが、ハイゴック(ガンプラ)の股関節であるとか、そういうことは覚えてんだよなぁ。

ダメな脳みそだぜ。

904D9302-276D-4654-8225-40A58BA6612E.jpeg

皆様は標高1300mの紅葉をお楽しみ下さい。

頭良くなりたいYo!

 すごく久しぶりに、お出掛けして講演を拝聴しました。

6B5629B3-DE37-47E3-82DB-0E0A96CBFB1B.jpeg
 
 やっぱりさすがですねぇ。内容が深いのは、勉強されてる範囲の広さでした。刺激的な考察も。そうか、あの土器のルーツが、あれなのか…。

 明日は自分も、某所で久しぶりにおしゃべりですが、少し予習(復習?)しておかないと。





猫、電話をかける!

 寒い!でも私は寒いの好きです。気持ちの良い季節になってきました。だがしかし、本当はこの週末、あの展示やこの展示を見に行くつもりだったのですが、ちょっと体を痛めて延期。大人しく自宅で原稿書いてました。猫と珈琲と原稿、ま、幸せと言えば幸せですね。

 ところで先日、猫のイコロが「いも」とタイピングしたことは紹介しましたが、実はその後、さらなる出来事が。以下、実話です。

 ある夜、妻がシャワーを浴びている時です。私は机に座って原稿を書いていました。いや、プラモだったか。まぁとにかく机に向かっていると、私のiPhoneが鳴りました。なんか聞き慣れない音だったのですが、なにかの着信。おもむろに手に取ってみると、妻からLINE電話。なんじゃ?シャワーの温度が激熱とか?とも思いましたが、ふと見ると、食卓に妻のiPhoneが。あれ?でも確かに、今私のiPhoneは、妻からの通信をキャッチしています。
 で、落ち着いて見てみると、妻のiPhoneの側に、猫のぷうこがしれっと座ってました。え?お前がかけたのか!
 その後妻に話したところ、「ロックもしてたはずなのに、変ねぇ」と…。まぁちょっとしたタイミングなんでしょうが、うちの猫、スマホも使えるよっていうことで。

IMG_3331.jpeg
上:タイピング・イコロ
下:LINE電話・ぷうこ
どっちも、かしこかわいいです。

デイノケイルス 、見てあげてね!

 先日完成したデイノケイルス、ホームページに上げました。ご覧くださいね。
 さて、もし次恐竜作るなら、そらあなた、スピノサウルス、なんだけど、まだ姿変わりそうだなアイツ。第一、羽毛はどうなんだろうなぁ…。ま、そろそろ普通に角竜とかも作りたいけど。
 あ、はい、その前に、イカですね、イカ。
 
↓チラ見せ
scdc.png

猫の奇跡!俺たち、イモだち

実話です。

 先日、自宅にて、夫婦でマックのフライドポテトを狂ったように貪り食っていると、猫のイコロが開いたままのMacBookのキーボードの上に。Beep音が炸裂し、またなんか文字打っちゃったなと、画面を確認したところ・・・

IMG_3289.jpeg

「いも、mつつつつつつ」

イ、イモって打ってる!!!!!

IMG_3127.jpeg
 うちの猫、天才ではないでしょうか。実話ですからね。マジで。

となりのトト、いや、誰!?

 昨晩はやや強い風が吹いていました。ドングリが落ち、屋根に当たる音が聞こえます。そんな中、ソファーで猫たちとウフフアハハと過ごしていると、窓の外で何かがうごめき、壁に当たるような音が続きました。
「なんだろう?大きな蛾かな?」とも思いましたが、それにしても大きな音。勇気のある妻は外を見に行きましたが、原因不明。
「まぁそんなこともあるさ」と思い、そのまま就寝しました。

IMG_3222.jpeg

 今朝はすっかり風もおさまり良い天気。肩が治らず機械を使った草刈りは厳しいのですが、せめて玄関の草むしりくらいはと思い外に出ました。すると、玄関周辺に、コナラのドングリが大量に落ちていました。
 わが家には大きなコナラの木があり、確かに昨夜もドングリの落ちる音がしていました。しかし、これは玄関からは家屋を挟んだ谷側で、これまでも玄関側に落ちることはなかったのですが…。あ、昨日の夜のあの音は、誰か来てドングリ集めてたのか?

 なお、草むしりでは「蛇かっ!」ていうサイズのミミズが三匹いたことを、申し添えます。


被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示